0

東京から約2時間の南国リゾート。シーガイアに誕生した“大人の水辺の楽園”で夏旅を贅沢に満喫して

2017年7月17日 20時30分 (2017年7月21日 20時18分 更新)

今夏も全国的に暑い日が続いていますが、特に都市部はその暑さも独特。疲れもストレスも蓄積するばかりという方も少なくないと思います。そんな方にオススメしたいのが、東京都心からなら約2時間と手軽に行ける宮崎への南国プチトリップ。このたび“大人を楽しむ水辺のリビング”をテーマに「THE LIVING GARDEN」が誕生しました。




|ゆっくり贅沢に過ごせる「THE LIVING GARDEN」5つの魅力


この「THE LIVING GARDEN」は宿泊者専用スペースで、年間を通して楽しめる“水辺のリビング”。早速、その魅力を5つピックアップして紹介します。



(1)水辺のガゼボ

プールの脇には5つのガゼボが登場。



利用時間は90分制となっていて、クラブフロアの宿泊者なら無料(1泊あたり1回)で、 一般フロアの宿泊者なら¥2,000で利用できます。


【各ガゼボにはベッドやチェア、サイドテーブルも完備】


オープン時間は9時~23時。軽食やドリンクも自由にオーダーできるので、思いのままゆったり寛ぎましょう。



(2)SUPヨガ

早朝にはプールにボードを浮かべ、その上でヨガやストレッチを楽しむ「SUPヨガ」が楽しめます。



時間は朝7時30分~8時20分の50分制(7月中は火・水・土・日のみ実施)。前日22時までの事前予約制となっており、料金は¥5,000(1名)です。リゾートならではのアクティビティで朝からキレイをしっかり磨いちゃいましょう。


予約:ジ・オーシャンクラブ  0985-21-1145 ※定員:8名(前日22時までの事前予約制)



(3)充実のフードメニュー

プールサイドやガゼボで楽しめる多彩なフードメニューが用意されています。



フードは「トルティーヤ ガーデンスタイル」、「釜焼きミックスピザ」、「宮崎県産豚ソーセージグリル」などワンコイン(¥500)で楽しめますし、宮崎産のフルーツなど南国フルーツを使用した「本日のスムージー」(¥600)や爽やかな味わいの「モヒート」(¥800)などもオススメです。



(4)コース仕立てで楽しむ水辺のバーベキューディナー

THE LIVING GARDEN」に隣接したレストラン「パインテラス」には、夕方よりコース仕立てのバーベキューが楽しめる「パインテラス・デッキ」が登場しました。



こちらもホテル宿泊者のみが利用できるそうで、日本一の宮崎牛や厳選された野菜を使用したフォトジェニックな料理を存分に楽しめます。



時間:17時30分~22時(L.O.:21時30分) ※最終スタート時間:19時30分 料金:¥5,500/¥7,000(1名) 予約・問:パインテラス 0985-21-1374 ※当日15時までの予約制



(5)花火を見上げてナイトプール

2017年7月23日(日)~9月2日(土)の期間、「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」では迫力満点の打ち上げ花火を毎日21時より実施するそう(荒天の場合中止)。



THE LIVING GARDEN」からももちろん花火がキレイに見えるので、花火を見上げながらのナイトプールもぜひ楽しんじゃいましょう。



SNS映え間違いナシ◎「THE BEACH BURGER HOUSE」にも足を運んでみて


また、「フェニックス・シーガイア・リゾート」に隣接する「サンビーチ一ツ葉(南ビーチ)」には東京・原宿の人気バーガーショップ「THE GREAT BURGER」がプロデュースしたバーガーショップもオープンしています。アメリカ西海岸を思わせる空間はSNS映え間違いナシ◎ 今夏、人気を集めそうな予感です。






【目の前に広がる「サンビーチ一ツ葉」】


多彩なハンバーガーメニューをはじめ、サラダやスープ、パンケーキなどのブレックファストメニューは美味しい上にボリュームも満点。


【ベーコンチーズバーガー ¥1,400 ※フレンチフライ付】


【ダブルベリーと生ハムのベビーリーフサラダ バルサミコドレッシング ¥1,100】


今後はマルシェやビーチパーティの開催も予定されているそうなので、ぜひ海を満喫するなら一ツ葉ビーチエリアに足を運んでみてくださいね。


営業時間:10時~21時 TEL:0985-34-9085



このように南国の風を感じながらゆったりと贅沢な時間を過ごせば、溜まっていた疲れもストレスもきっと吹き飛んでしまうはず。「海外の南国リゾートに!」となれば1週間くらいの休暇を取りたいところですが、宮崎であれば週末の休暇を利用しながらでも気軽に出かけられます。ぜひ今夏は南国気分を満喫するプチトリップに出かけてみてくださいね。



取材協力:

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!