0

プロが伝授!GU・ユニクロのワイドパンツの大人コーデ術

2017年7月17日 20時30分 (2017年7月23日 08時04分 更新)

幅広い世代に人気のGUやユニクロのワイドパンツ。

今回は、大人気のユニクロのガウチョパンツとGUのパラッツォパンツを使って、スタイリストの筆者がキレイめな大人カジュアルスタイリングのコツを解説します。

■シルエットを意識してスタイルアップ

ワイドパンツは、ボリュームのあるアイテムです。そのため全身のバランスを取るのが難しいと思う方も多いのではないでしょうか。
そんな時には、全身のシルエットを意識して、スタイリングのバランスを考えていきましょう。ワイドパンツにおすすめのシルエットはA型とI型の2つです。

A型シルエット

裾に向かってフレアになるデザインのガウチョパンツやワイドパンツを選びます。Aという文字通り、下半身に重心を置いて安定感を出し、脚長効果を得ることができます。下半身のボリュームが気になる方には、体型カバーとしてもおすすめのシルエット。

使用アイテム:ミラノリブパンツB(ユニクロ

I型シルエット

 I型には、ストレートなデザインのワイドパンツを選びましょう。Iという文字通り、縦のラインを強調したシルエットを作ることによって、スリム効果を得ることができます。こちらは、背の高い方におすすめのシルエット。

使用アイテム:イージーデニムパラッツォパンツ(GU)

■トップス選びのコツ

ボリュームがあるワイドパンツを着こなすには、トップス選びも重要です。
シャツの場合は、ふんわりとゆとりを持たせてタックインすることで、自然で柔らかなウエストラインが作れます。
ニットを合わせるときは、全身のバランスを考えてボリュームを調整しましょう。ノースリーブのサマーニットならI型シルエットで、縦のラインを強調することができます。

使用アイテム:ミラノリブパンツB(ユニクロ

ウエストマークでスタイルアップ

ワイドパンツは、ボリュームがあり重心が下がりやすいアイテム。そのため、ウエスト部分をきちんと見せることで重心が上がり、脚長効果が出てきます。ショート丈のトップスを合わせたり、ベルトやスカーフでウエストマークするのも、脚長効果が出ておすすめです。

使用アイテム:イージーパラッツォパンツ(GU)

■靴選びのコツ

ワイドパンツやガウチョパンツに合わせる靴についてお悩みの方も多いですよね。ワイドパンツやガウチョパンツは、カジュアル、ワーク、スポーティーといったテイストのアイテム。そのテイストを生かしてスニーカーを合わせると、スポーティーな印象に仕上がります。
女性らしく見せたいときは、ポインテッドトゥなどエッジの効いたデザインパンプスやヒールサンダルを合わせると、きれいめカジュアルに仕上がります。
バレエシューズなど丸みのあるデザインを合わせると、ガーリーな印象になります。

脚長効果を狙うならヒール靴


ワイドパンツやガウチョパンツで重心が下がっていると思うときは、ヒールのある靴を合わせてみましょう。重心が上がり、脚長効果が出てきます。

使用アイテム:イージーデニムパラッツォパンツ(GU)

今回は、ワイドパンツ、ガウチョパンツの着こなしのコツについてご紹介しました。
工夫次第で、エレガントにもカジュアルにもスポーティーにもなるアイテム。 着回しの幅が広がるアイテムですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
(ファッションコンサルタント/ライター/スタイリスト 原田 かれん

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!