0

「料理猫マロくん」って?海外からも取材殺到でフォロワー10万人

2017年9月9日 08時46分

 インスタグラムから、たくさんのスターが誕生している昨今。そんな中、写真1枚で1日1万「いいね!」がつく猫が話題になっています。

 それが、料理猫マロくん!

 旬の食材を生かした料理を前におすまししたその姿が、猫好きを中心にジワジワと話題に。今年4月にネットニュースで取り上げられると、それまで1000にも満たなかったフォロワーが、一気に1万に。

 その後、テレビなどにも取り上げられるようになり、現在は10万を超えるフォロワー数を誇るスター猫になりました。

 国内のみならず、スペイン、アメリカ、ロシア、ウクライナ、オーストラリアといった海外からも取材が殺到するほど、その人気は凄まじいのです。

◆撮影中まったく動かないマロくんに驚き

 そんなマロくんの人気の理由は、「コスプレした姿が可愛い」「料理が美味しそう」など様々ですが、誰もが気になって仕方がないのが「撮影中、微動だにしない」ということ。

「普段はよく動くんですが、洋服を着せるとまったく動かなくなるんです(笑)。『魚料理なんかを目の前にしたら、猫ちゃんが飛びついて撮影にならないんじゃ?』なんて質問もいただくのですが、料理や食材になぜか興味を示さないんですよね。あ、でも鰹節にはちょっと興味を示しますかね(笑)」

 そう語るのは、飼い主の松井さん。もともとは保護された猫で、預かっていた雑貨店にお願いされて飼うようになったのだとか。

「そんなこともあって、最初は文字通り『借りてきた猫』のように、いつも大人しい子だったんです。でも最近は、なんだか反抗期で(笑)。撮影も、30分くらいかかる時もあります。なのでそんな時は、おもちゃで釣って目線を集中させて、撮影していますね(笑)」

(※ただし、猫は体をペロペロなめて毛づくろいする習性があります。服を着せるのは撮影する短時間ならいいですが、長時間着せて毛づくろいできないとか、嫌がるコに着せるのはストレスになるので厳禁です)

◆お料理を作ってるのは一体誰?

 言うまでもなく、料理を作っているのはマロくんではありません。料理を作っているのは、松井さんのお母様。「ものによりけりですが、1つの料理にだいたい2時間くらいかかります」とのこと。「撮影だけだと、2~3分」なので、これは一苦労。

 そんな人気の結果、飲食業界からCM出演のオファーが殺到中。地元の飲食店とのコラボのほか、敷島製パン(Pasco)のベーグルキャンペーンのイメージキャラにまでなっちゃったとか。

 また、9月には初書籍『週めくり卓上カレンダー 料理猫マロ』も発売に。「海の幸から山の幸まで、みんなが幸せになるように」と、50点以上のフルコースとマロくんの写真が掲載されています。

「いろんなことが急に動き始めたので、とてもびっくりしています。ただ、マロを見て癒される人がいるなら、飼い主としても嬉しいです」

 マロくんの衣装は100着近くあるそう。子供用の衣装を使う時もありますが、オリジナルの衣装を作るのには、1着あたり1~2日かかるといいます。

 今後は「お母さんの負担にならない程度に、世界の料理シリーズに挑戦したい」と松井さん。「料理猫マロ」から「世界のマロ」になる日も、意外に近いのかも!?

■マロのインスタグラム

ブログ「マロのにゃんだふるライフ」

<TEXT/女子SPA!編集部>

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「料理猫マロくん」って?海外からも取材殺到でフォロワー10万人」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!