2

ユニクロの「レギンスパンツ」×「くるぶし丈」は下半身カバーに使える!

2017年9月28日 08時46分

レギンスパンツ/ユニクロ公式サイトより http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400549

 某有名アパレルショップ店員のkusumaです。

 今シーズン、「レギンス」を履いている人をよく見かけます。レギンス、そしてその延長線上にあるトレンカはひと昔前に流行ったイメージがありますが、今年は「リブレギンス」が流行っています。従来のレギンスより肉厚でカラーも豊富です。

 でも、リブレギンスは脚が太く見えてしまうのが玉にキズ。肉厚とはいえ、パンツより生地が柔らかく、下半身のお肉を支えるには不十分なんです。ふくらはぎのふくらみや太もものハリ感が出やすく、お尻の垂れも支えられません。つまり、下半身コンプレックス者の敵なんです(笑)!

 そこでおすすめなのが、「レギンスパンツ」。

◆レギンスパンツは理想的なレギンス

 実は、私、今まで「レギパン反対派」でした。パンツとして履くにはスパッツ感が強く、安っぽく見えるなと思っていたんです。

 でも、「レギンス」として履けばレギンスより肉厚な生地で、ふくらはぎのふくらみを軽減してくれてちょうどいいんです。特に、ロングワンピースやチュニック丈に合わせれば、レギンスパンツの弱点である腰回りの安っぽさを隠すことができます。

 チュニック丈のトップスって腕を上げた時にお尻が丸見えになりますよね? そんな時にレギンスだとお尻の形がダイレクトに露わになり恥ずかしいですが、レギンスパンツは肉厚ストレッチ素材なので少し見える分には恥ずかしくありません。

 なかでも、ユニクロのものは優秀。

ユニクロのレギンスパンツの注目ポイント

 まず、この見た目でウエストがゴムなんです。

 また、ブランドによってはストレッチが効きすぎたものは裾上げNGな場合もありますが、ユニクロはお店で裾上げをしてくれるので当日持ち帰りも可能。カラバリも豊富で、寒さ対策としてヒートテック素材やベルベット素材もあるのも嬉しいです。

 このレギンスパンツでさらにスタイルアップするポイントがあります。

◆くるぶし丈で美脚をゲット

 それは、「くるぶしの丈」に合わせて裾上げすること! 足首を少し見せることで、脚が細くスッキリ見えます。また、レギンスパンツは裾が足首にぴったりとしすぎないので、くるぶし丈で切った時に足首との間に隙間ができ、ふくらはぎのハリ感が目立たなくなるのです。

 下半身コンプレックスさんは「レギンスパンツ」をお試しあれ!

<TEXT/kusuma>

【kusuma】

某有名アパレルショップ店員。女性の体形カバーを意識したコーディネートを提案。現在、食やダイエットについて学びながら、内面からの美のサポートも目指している。

instagram:@KUSUMA1116

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ユニクロの「レギンスパンツ」×「くるぶし丈」は下半身カバーに使える!」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    うーんカタカナいっぱいでなんだかわからないや。おれはばかだぬ。

    0
  • 匿名さん 通報

    レギパンいいぞ。みんな履いてるけど。自分はお店で裾上げしたからかろうじて別物に見えるけど、そのままだと街中で色かぶりすると恥ずかしいかも。電車の中とかで何度かあった。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!