0

金の切れ目は縁の切れ目!お金が愛を冷ます3つの瞬間

2017年10月13日 20時30分 (2017年10月15日 22時00分 更新)
こんにちは、コラムニストの玉恵です。
金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったものですが、お金が絡んで目が醒めるという話しもあるものです。

今回はお金ガラミで愛が冷める男女の瞬間をご紹介します。

●(1)お金を出さない男はゴミ?

『彼女と別れました。
彼女にとって僕は財布だったんです。
それが見えた瞬間あんなに大好きだった彼女が、別人に見えました。
ねだられたものを断った時の彼女の目が、まるでゴミでも見ているように冷たかった。
なんていうかな、狐みたいなやらしい目でした。
すごくショック、立ち直れるかな…』(27歳男性/営業)

●(2)お金コミで見ていい男だった

『私の彼はお金持ちで素敵でした。
つい最近までは、お店もいくつか経営していて、小金持ちっていうんですかね。
最近経営があまりウマくいってなくて、いつもタクシーのところを歩かされました。
ヒールで足痛いのに、靴で擦れた自分の足を見て、彼にも冷めちゃった。
お金がある分割り増しでよく見えていたって事ありますよね。
よく考えたら、かっこ良くないし、性格もあまり良くないし、お金無いとマイナスになっちゃう』(26歳女性/サービス業

●(3)同棲して見えるお金の管理

『最近同棲始めたんですが、彼女のお金に対する意識がダメで、もう別れるか悩んでいます。
買い物では食材をポイポイ好きなだけ入れて、シャワーも出しっぱなし。
僕が多めに出しているのに、節約してくれる気配無い。
挙げ句、食費足りなくなったからちょっと出せる?と言われた。
一緒にこれから居られるか自信無い。
結婚してもお金だけ入れさせられて、好き勝手するんだろうなと思うと、一緒に生きていく気になれない』(30歳男性/介護)

----------

お金ってその人が見えますよね。
お金に汚い、細かい、いい加減、きっちりしているなど、本当の性格がかいま見えるのがお金。
生きるのにお金がかかる現代にはよくある話です。

本音ではあるけれど、本当にお金じゃ無い愛の話しも聞きたいものですね。

●ライター/玉恵(ダメンズ専門家)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!