0

「うどん」と「そば」はどっちが太る?“似たものメシ”を徹底比較!

2017年10月24日 10時14分 (2017年10月25日 10時03分 更新)

 なんとなく「麺腹」だけど、「丸亀製麺」と「ゆで太郎」どっちにしようか…という「あまり深刻じゃない二択」を迫られたとき、選ぶ根拠があると嬉しいかも。ということで「似たものメシ」を比較してみました。

●「うどん」vs「そば」

 この両者の最大の違いは「栄養価」。そばは健康食と言うように、栄養不足が気になるようなら「そば」を選ぶべし。一方で、カロリー的には、そば粉も小麦粉も大差はないので、水を多く含んだ状態の「うどん」のほうが、同量を摂取した場合に満腹感を得られ、つまりお腹いっぱい食べた場合、低カロリーということになります。

●「麦茶」vs「ウーロン茶」

 自販機を前にして、どっちにしよう?と思ったときは、アナタのいまの状態を指針にしましょう。栄養価で言えば、「麦茶」に軍配。ビタミンやミネラルを含み、抗酸化作用も期待できるからです。一方、「ウーロン茶」はほとんど栄養価はありませんが、脂肪の吸収を抑え、分解を促進するポリフェノールが含まれていますので、脂っこいランチを食べてきたというときにオススメ。またカフェインも含まれているので、頭をシャキっとさせたいときも…と言いたいところですが、ウーロン茶のカフェイン含有量はコーヒーの3分の1ほど。だったらコーヒーを飲んだほうがいいですね。

●「冷奴」vs「納豆」

 たまに、小鉢を選べる定食屋さんってありますよね。どちらも原料は大豆ですが、製造の過程から、栄養素には大きな差があります。イメージどおりですが「納豆」のほうが様々な栄養素を含んでいるのに対し、カロリーがおよそ4分の1なのが「豆腐」。ちなみに、木綿豆腐のほうが少し高カロリーです。

●「赤身魚」vs「白身魚」

 赤と白は、筋肉の色のこと。持久力のある遅筋は赤、瞬発力を要する速筋が白というわけです。代表的なところだと「アジ」「サンマ」「サバ」「イワシ」などの「赤身魚」は脂肪分が高く、美味しい。「タイ」「ヒラメ」「カレイ」「スズキ」などの「白身魚」は高タンパク低脂肪なのでダイエット向きと言えます。

●「キャベツ」vs「レタス」

 サラダをチョイスした場合、キャベツ主体かレタス主体かで大きな違いがあるのかといえば、大して変わりません。ひとつ、決定的に違うとすれば、美肌効果のあるβ-カロテンを多く含んでいるのが「レタス」となります。ただ、β-カロテンの摂取をしたいのなら「ニンジン」や「カボチャ」のほうが遥かに含有量が高いので、そちらを食べたほうがいいです。

 いかがでしょうか?今後、この二択を迫られたときに思い出していただければ幸いです。

(摘木みなみ)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!