0

柔らかな香りに包まれて。優雅なお花のアロマワックスバー

2017年11月11日 15時30分 (2017年11月12日 15時15分 更新)

フレグランスサシェの魅力をご紹介

ワックスにフレグランスオイルを添加し、固めたのがフレグランスサシェ。アロマワックスサシェなどと呼ばれることもあります。

火を灯さなくても香りが楽しめるのが特徴です。香りが広範囲に広がらないため、玄関やトイレ、クローゼットなど狭い空間で楽しむのがおすすめ。香りが弱くなっても、かわいらしい見た目のためインテリアとして活用可能です。

フレグランスサシェはワックスでできているため、高温に弱いということを覚えておきましょう。車内や窓際に飾るのはおすすめできません。

あらかじめ花材の配置を決めておく

今回用意する材料は、ソイワックス、フレグランスサシェ用の型、好みの花材、フレグランスオイル、ワックスを溶かす小鍋、ピンセット、好みのリボンです。

花材をワックスに埋める前に、あらかじめ型の中で配置やデザインを考えておきましょう。ワックスが固まって花材が埋められなくなるという事態を防げます。デザインが決まったら型の外へ移動させておきましょう。

溶かしたワックスに香料を入れて混ぜる

小鍋にソイワックスを入れ溶かします。溶けたら好みのフレグランスオイルを加えよく混ぜましょう。

型にワックスを注ぎ、薄く膜が張ったら花材をピンセットで埋めていきます。膜が張る前は花材が固定されないので、少し待ってから始めるのがポイントです。

バランスよく花材を配置したら15分程度放置して固めます。固まりきる前に触らないように注意しましょう。

15分間固まらせたらリボンを通す

15分程度経ったら、固まっていることを確認してゆっくり型から外してください。穴に好みのリボンや紐を通して完成です。花材の他にオブジェや貝殻などを使用してもいいでしょう。

優しく香るフレグランスオイルと、オシャレな花材を楽しめるフレグランスサシェはプレゼントにもピッタリ。季節に合わせて花材を変更し、様々なタイプのものを作成するのもおすすめです。

香りがなくなってもインテリアとして飾っておけるのも魅力的です。今回はソイワックスのナチュラルな色味を生かしましたが、好みで色をつけるのもおすすめ。

広い空間より狭い空間向きのフレグランスサシェ。アレンジがしやすいので、色々試してみて、お気に入りを見つけください。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!