0

冬の外出に注意!風邪予防のため「妊娠中に避けたいスポット」は?

2017年11月17日 22時30分 (2017年11月23日 21時35分 更新)
source:https://pixta.jp/

季節の変わり目でぐっと冷え込む日も増えてきましたね。この時期、妊婦さんは風邪に気をつけている方も多いと思います。

そこで今回は看護師の筆者が、風邪予防のために“妊娠中に避けるべきスポット”をご紹介します。

また、どうしても避けることが難しかったり行かなければならないところがある場合に、どうやって風邪を予防していくかをご紹介します。

風邪などに感染しやすいスポットとは?

妊娠前に普通に行っていた場所でも妊娠中は、風邪の原因となるウイルスをもらってしまう場合があります。風邪などに感染しやすいスポットはどこでしょう?

(1)人がたくさんいるところ

具体的には以下のようなところが考えられます。

・休日のスーパー・デパート
・アミューズメントパーク
・平日通勤ラッシュ帯の電車やバスなど公共交通機関

厚生労働省は風邪などの感染予防として人混みを避けるようにと明言しています。(※1)

人混みには、風邪の菌をもっていても元気だからわからない人、病み上がりの人、もしくはまだ風邪をひいているけれど外せない用事で出てきてしまった人など、“不特定多数”の人がいます。

そのため、人がたくさんいるところには、風邪の菌がいると思っていたほうが良さそうです。

(2)不特定多数の人が使用する個室

具体的には以下のようなところが当てはまります。

・カラオケボックス
・図書館や公民館などの自習室

不特定多数の人が使用する“個室”は、風邪の菌を持っている人が自分の前に入っていたかもしれません。

大部屋などと比較して換気が不十分である、色んな人がどこを触ったか分からないというところはこの時期ですと風邪の菌をもらってしまう可能性があります。(※2)

カラオケのマイクや自習室の机などに菌を持っている人がくしゃみを抑えた手で触れた後、自分が触れ、鼻や口などを触るとこれで感染経路が確立してしまうのです。

(3)小さい子どもが多くいるところ

source:https://www.shutterstock.com/

具体的には以下のようなところが当てはまります。

・保育園
・幼稚園
・児童館など子どもが多く遊んでいる室内
・子ども向けのアミューズメントパーク

子どもはまだ免疫機能が未熟であるため、誰かが少しでも風邪をひいているとすぐに風邪をひいてしまいどんどん蔓延していきます。(※3)

そのため、小さい子どもの集団生活の場では風邪の菌がたくさんいると思っても良いようです。

多くの場合は3歳になると風邪をひく回数が減るようになるようです。(※3)

そのため、3歳未満の子どもが多く集まる場所では、風邪の菌が多くいるため風邪をもらってしまう可能性があります。

特に現在妊娠中で上にお兄ちゃん・お姉ちゃんのいるご家庭では、送り迎えや子どもを遊ばせるときに注意が必要です。

また、子どもは風邪以外にもいろいろな感染症にかかりやすいため、熱がある、発疹があるという子どもと触れ合うのは極力控えておいた方が良いでしょう。(※4)

妊娠している時の外出で、風邪の予防方法は?
source:https://www.shutterstock.com/

風邪の菌はあちらこちらに生息しているため、こちらが予防を積極的に行うことで風邪がうつることを防いでいきましょう。

風邪の予防方法には以下のようなものがあります。(※1)(※2)

●手洗い・うがい、マスクの着用

1番の風邪予防は“手洗い・うがい”です。外出後や食事の前には必ず手洗いうがいを行い、口の粘膜や手に付着した風邪の菌を洗い流しましょう。

うがいをすると風邪の発症率が40%下がるという研究結果も報告されています。(※3)

また、外出時はマスクを着用することでウイルスの侵入や増殖を防ぐことができます。

●人混みを避けた行動

前述した人混みなど、風邪がうつりやすいスポットへ出かけるのを控えて行動しましょう。

買い物は家族に頼むか平日の空いている時間に行く、子どもの送り迎えを家族に頼む、ラッシュの時間をさけた通勤時間に変更するなど、日常生活で少しだけ気を付けてみるのも良いでしょう。

いかがでしたか?

これからの時期は風邪だけでなく様々な感染症が流行るため、風邪だと思ったら実は風邪ではない病気に感染しているかもしれません。

風邪のような症状があると思ったら、自己判断をせずに早めにかかりつけの病院へ受診してくださいね。

【画像】
※1 厚生労働省 新型インフルエンザ対策 妊娠中、授乳中の人へ
※2 籠谷大学保健管理センター
※3 まなこどもクリニック
※4 日本周産期・新生児医学会、日本小児科学会、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会 赤ちゃんとお母さんの感染対策5カ条
※ Iakov Filimonov、 ArtFamily / Shutterstock
※ Ushico / PIXTA

関連記事

これだけは知っておいて!【杉並区】の子育て支援おトク制度まとめ(超基礎編)
【小児科Q&A】鼻水の色で見分ける風邪の症状って?
【医師Q&A】加湿器肺って何?赤ちゃんがいる家庭での注意点
家族全滅も!? 「ノロウイルスの被害が拡大する」NG行動3つ
急なオムツ替えも◎!おでかけで活躍「マルチデザインポケット」4選
新作トミカ・プラレールで遊べる!「軽井沢おもちゃ王国」レポ★
11月中に予約して!「クリスマス限定」サービス&イベント5選
「産休=ただの休み」じゃない!? 【マンガ新米ママのトリセツ】#8
ワクチンは打つべき!? 妊婦の「インフルエンザ」対処法とは?
「子宮筋腫、帝王切開」…妊娠・出産でのリスクと備えたい事とは?
高速道路で「子連れ運転ヒヤリハット」!守りたい5つのルールとは
突然の【閉店のご挨拶】3歳児の反応は…? ゴローパパ #38
【3連休】気をつけて!超迷惑な「公共マナーが悪い子・ママのNG言動」3つ
2017秋冬のトレンドは!? 大人女子に人気の「ELENDEEK」青山店に直撃!
これだけは知っておいて!【豊島区】の子育て支援おトク制度まとめ(超基礎編)
パパへ「子どもとのお出かけ」を依頼する際のNGワードは?
妊娠初期・後期に注意!「感情のコントロール」が上手くできない理由は?
コホコホとゴホゴホの違いは?小児科医が教える「咳の原因と対処法」
風邪でも休めないママに!簡単&美味しい「薬膳スープ」レシピ
<不妊治療>人工授精にドン引きする男たち 【妊活QA #18】
流行から定番まで勢揃い!ハロウィン「キッズコスプレ」10選
赤ちゃん本舗85周年記念イベント!「スマイルプレママフェスタwithプレパパ」に潜入取材★
雨の日でも楽しめる!子連れにオススメ「首都圏ショッピングモール」5選
「俺のお袋を見習え」は夫婦喧嘩のもと!?【マンガ新米ママのトリセツ】#6
秋冬出産ママ必見!「新作ベビーカー5選&おすすめサービス」
【妊娠後期】「便秘の悩み」にオススメの食材&マッサージ
親子でハロウィンを楽しみたいなら♪10月に開催される「首都圏イベント」4選
アナログ派?デジタル派?妊娠中「パパとの情報共有方法」2つ

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!