0

「時代遅れな目力メイク」と「年相応のカジュアルなナチュラルメイク」の違いとは

2017年12月12日 19時30分 (2017年12月14日 18時45分 更新)
気合を入れるほど時代遅れ。
もう目力メイクは流行っていない。
こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

「いい男に出会えないんですよね。高望みなんでしょうか?」
「ピンと来る男性がいないまま気が付いたらこんな年でした」
「婚活パーティーいったけれど興味ない男性からしか声をかけられなかった」
そんなご相談にいらっしゃる30代女性は多いです。

彼女たちなりに出会うために努力しているのですが、その努力がなんか見当違いなのです…。
全員ではないのですがなんか全体的にダサくてあか抜けない。
だからそこに親近感を感じたダサい似た様な男性が寄ってきているだけだと思うのですが、ご本人は「普通」のつもりなのです。

全体的にダサくてあか抜けない女性は10年ぐらい前に流行ったメイクを繰り返していることが多い。
ノーメイクならマナー違反だけれどもお化粧しているので会社で注意されることもないでしょう。
何より30代女性の外見を指摘するのは非常に勇気がいる…。

そこで今回もメイクアップアーティスト&メイクアップセラピストで株式会社ラムズビューティ代表取締役の片桐愛未さんに10年前ぐらいのメイクを再現してもらいました。

モデルは私です。
このために眉毛剃りました!

●時代遅れな目力メイクの特徴

・目を大きく見せようとしてアイラインをしっかり入れすぎている。
・目元を強調するためにラメのアイシャドウをしっかり塗っている。
・眉毛が細くてくっきり。
・コンシーラーを使わずにクマやほうれい線をファンデーションだけで隠しているので厚塗りになる。
・口紅はヌーディーなベージュピンク。
・髪は加齢によるパサつきがめだつボサボサひっつめ髪だが、今どきの崩したヘアアレンジと勘違い。

●年相応のカジュアルなナチュラルメイクの特徴

・ベージュブラウンのアイシャドウで陰影をつける。
・アイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋める程度。
・眉は骨格にそった自然な太さのアーチ型。
・コンシーラーでシミ、ほうれい線、クマを隠す。
・ファンデーションはツヤ感と素肌感を重視し薄ぬり。
・口紅は顔色が明るく見える自然な血色感がある色。
・チークはチークブラシを使ってふんわり塗る。
・髪はアイロンで巻いてからアレンジをして崩してワックスで固定する。

どうでしょうか?
あなたのメイクも時代遅れでは?
目元ばかり強調していないで、周りを見渡してみよう。

誰もが初めて覚えたメイクの影響を受けやすい。
アラサーになったら、一度は習って自己流を改めたほうがいいでしょう。

【取材協力】
片桐愛未
メイクアップアーティスト&メイクアップセラピスト
株式会社ラムズビューティ代表取締役

●ライター/菊乃(出会いゼロ女子の恋愛コンサル)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!