0

スッキリとした美脚ラインのキープに◎ 簡単“むくみ予防”ストレッチ

2017年12月13日 20時30分 (2017年12月17日 09時23分 更新)

なかなか痩せにくい下半身。1年を通して露出する機会の多いふくらはぎがスッキリ引き締まっていると、スタイルは一層キレイな印象になります。でも、現実はパンパンのふくらはぎを目にすると、気分も下がってしまうもの。そのパンパンに見える原因の1つに“むくみ”が挙げられます。


それでは短時間ででき、かつ毎日1日1セット実践することでふくらはぎの“むくみ予防”に効果を発揮する簡単ストレッチ法をチェックしてみましょう。



|スッキリ印象の美脚ラインのキープに役立つ「ふくらはぎストレッチ」


ふくらはぎの“むくみ予防”を実現するには「ふくらはぎ周りの筋肉を柔軟にする」こと、そして「ふくらはぎに圧をかける」ことが効果的てす。



(1)床に四つん這いになり、腰を持ち上げる




(2)片脚をもう片方の脚にかけ、ゆっくり息を吐きながら30秒キープする ※このとき伸ばしている足の膝を曲げずに、ふくらはぎが伸びていることを意識しましょう




※(1)、(2)を左右交互に3セットを目安に実践します



この「ふくらはぎストレッチ」は片脚をもう片方の脚にかけた時にふくらはぎ一体の筋肉に効かせてむくみの予防効果を得るストレッチになりますので、(2)のキープ時にふくらはぎの筋肉が伸びていることを意識することで、より効果が高まります。


また、実践時に注意したいのが「脚をかけてキープする時の姿勢」です。



上写真のように腕に重心がかかって前傾姿勢になってしまうとふくらはぎの筋肉は十分伸ばすことができませんので、「横から見た時に腰から床に着いた腕が一直線」になるように心がけて実践してみてください。



“第2の心臓”とも呼ばれるふくらはぎにむくみが生じたままだと、カラダ全体に酸素が行き渡らず、脂肪燃焼の効果も下げてしまうといった影響も出てきてしまいます。ぜひふくらはぎのむくみをしっかり予防して、スカートやヒールも自信を持って履きこなせるようにスッキリとした美脚ラインをキープしていきましょうね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:野月愛莉(/トレーナー歴6年/トレーナー派遣アプリ認定コーチ)>

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!