0

【2人目あるある】写真がない!イベントの主役はいつも1人目!?

2017年12月13日 21時30分
Photo by Author

1人目の子育ては全てが初めてで、なにかと不安になったり丁寧にやっていたママも多いのでは?

でも、2人目となると慣れきたせいか、つい1人目に比べて雑になることもありますし、上の子を優先にしがちですよね。

そこで今回は、今年2人目を出産したばかりの筆者が「2人目以降の子を持つママなら経験済み!?」な“育児あるある”を、体験談も踏まえてご紹介します!

2人目ごめんね!あるあるエピソード

●2人目の子の「単独写真」や「動画」がほとんどない…

1人目の時は暇さえあれば子どもの写真や動画を撮っていたのに、2人目は1人目の半分……いや、それ以下しか写真や動画を撮っていないかも……。

そのうえ、必ずと言っていいほど兄弟一緒に写っているから、“単独の写真”が気がついたら全然なかったなんてことに。

意識して定期的に2人目だけ、撮ってあげるようにするといいのかもしれないですね。

●1人目の子を優先してしまい、2人目の子は後回しに…

話せない赤ちゃんよりも話せる1人目の要求を優先してしまい、2人目はいつも後回しになりませんか? 気がつけばそんな中でも2人目はすくすくと成長していた……なんてことも。

女の子2人を育てている筆者も、1人目の“赤ちゃん返り”があったため、どうしてもお姉ちゃん優先の生活で、生まれたての妹は後回しになってしまうことが多かったです。

ですが、妹は空気を読んでくれているかのように1人で静かに眠ってくれたり、必要最低限しか泣かず、あとは1人で遊んでくれるようなおとなしい子で、ママとしてはたまに申し訳ない気持ちになっていました。

Photo by Author

●洋服やおもちゃなどほとんど「お下がり」

特に兄弟や姉妹だと性別が同じなので洋服は全て使い回しのお下がり! なんて子もいるかもしれません。

1人目が産まれた時は色々な洋服を着せるのが楽しくて、つい買いすぎてしまったのに2人目には必要最低限しか買わなくなった……というママも。

2人目は必要な洋服の量もわかるようになって、より育児が効率化されていくのかもしれませんね。

でも後から写真を見返した時に、「全部お兄ちゃん・お姉ちゃんのお下がりじゃん!」と怒られてしまう日が来てしまいそうです。(笑)

●イベントの主役はいつも1人目!?

まだ2人目が小さくて喋れないうちは、お喋りも出来て主張の強い1人目の子に、“イベントの一番いいところ”を奪われがちではありませんか?

「あれ? 2人目の子のお誕生日なのに、いつの間にかケーキのロウソクの火が消されている……。」

「ケーキの一番大きい美味しいところを食べ、2人目の子にあげたはずのプレゼントを取り上げて遊び始めるのは1人目の子…。」

一体今日は誰の誕生日会だったのか、最終的にわからなくなる始末です。

なんだかんだ“ちやほや”されがちなのは長男長女の特権かもしれませんね。

経験している分、2人目出産は1人目出産より楽?

出産は個人差があるため、すべてのママが「2人目の方が出産が楽」というわけではないですが、筆者の周りの多くのママは2人目の方がスムーズに出産ができたと言っていました。

また、一度経験しているため出産の流れも分かり、心の準備ができるのも良いところ。

筆者も1人目は分娩台に上がってから3時間以上かかったのですが、2人目はなんと15分程度で出てきてくれました!

こんなにも1人目より楽なのか……と感動したくらいです。

他にもたくさん!2人育児ならではの幸せ♡
Photo by Author

●ママの経験値が上がり、「強いハート」

1人目の時は、電車に初めて乗る時や初めてお熱が出てしまった時、あやしても泣き止まない時やご飯を食べてくれなかった時など、ひとつひとつの変化がとても不安で慎重になっていましたが、2人目以降となれば慣れたものです。

機転のきいた切り返しができたり、心を広く持てたりと経験したことには動じずに対処できる強いハートを手に入れています。

筆者の場合、上の子の「ママ!抱っこして~」攻撃が始まると一人目を抱っこしながら二人目をおんぶしてあやすというものすごくハードな筋トレ

︎も難なくこなせる強いハートを手に入れていました!

●2人目の子は何をしていても可愛く感じる余裕ができる

2人目は育児に余裕が出る分、1人目では感じることができなかった“可愛さ”まで感じることができます。

2人目の子は泣いていてもイヤイヤしていても、イライラするどころかその泣き顔さえも可愛くて仕方がない! なんてママも。

1人目でほとんどの事を経験済みな分、対処法もわかっているので、のびのび育児をすることができます。

子どもの泣き顔も怒り顔も可愛いと思えるのは、2人目を育てているママだからこそかもしれません!

●兄弟仲良くしている姿を見てほっこり!

2人目の子を産もうと思うきっかけとして多いのが「兄弟を作ってあげたい!」という親の気持ちですよね。

もちろん兄弟喧嘩する事もありますが、上の子が下の子を可愛がってあげたり、下の子が上の子にくっついて行ったりする仲のいい姿を見るのは一番の癒しかもしれません。

筆者も姉がまだ0歳の妹に、自分のおもちゃをありったけ貸してあげている姿を見てほっこりしました。

兄弟で仲良く遊ぶ姿を見ると、育児の大変さも全て忘れてしまうというママもいましたよ。

いかがでしたか?

2人目の育児は大変なところもありますが、家族が増えることで笑顔や楽しみも倍以上に増えるというママが多いように思います。

1人目とは違った育児の楽しみ方ができるのも、2人目育児の醍醐味かもしれませんね!

【画像】
※ 著者提供

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【2人目あるある】写真がない!イベントの主役はいつも1人目!?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!