0

テーブルが華やかに!ジンジャーマンのアイシングクッキー

2017年12月18日 15時30分 (2017年12月18日 21時15分 更新)

かわいくておいしいジンジャーマンクッキー

シンプルなクッキーにカラフルな色のアイシングクリームで、かわいくデコレーションしたアイシングクッキー。乾けば持ち運びにも便利なので、イベントやお土産にもぴったりのお菓子です。

イラストを描いたりメッセージを入れたりとデザインの幅が広いのが魅力。クリスマスにはかわいい人形に焼き上げたジンジャークッキーに顔を描けば子どもも大喜びです。ここでは、ジンジャーマンのアイシングクッキーについてご紹介します。

まずは必要なものを揃えましょう

アイシングクッキーを作るのに必要な材料は、アイシングシュガーパウダー・アイシングカラー(緑と赤)・人型のジンジャークッキーです。アイシングは市販のもの使って簡単に作れますが、こだわって一から粉糖・卵白・レモン汁で作ってみるのもおすすめ。

生姜の香りがアクセントのジンジャークッキーは量を調整すれば、甘いのが苦手な方から子どもまで楽しめます。アイシングでデザインするときに必要なコルネを作るクッキングシート・テープ・つまようじも用意しておきましょう。

デザインに必要なアイシングのコツ

基本となる白いアイシングクリームは、アイシングシュガーパウダーに水を加えるだけなので簡単。絵柄や文字を描くときはかためのクリーム、ベースなど広めの部分を塗るときはやわらかめのクリームを使います。

アイシングで難しいのはクリームの固さ調整ですが、市販のアイシングシュガーであれば、水の量を簡単に調整できるので初めての方でも安心です。ジンジャーマンのリボンやボタン用に赤と緑のアイシングカラーでクリームを作っておけば、クリスマス感たっぷりのかわいいジンジャーマンクッキーも作れます。

いろんな表情がかわいらしい

コルネに基本の白いアイシングクリームを詰め、顔や模様をデコレーションしていきます。眉毛を描いたり、髪の毛を描いてみたりすれば、いろいろな表情になります。

次に緑や赤のクリームを使って、リボンやボタンなどをデザイン。アイシングに慣れてきたら、女の子の形のクッキーにワンピースを着せてみたり、ベースをブラウンで塗ってからデザインしてみたりとデザインの幅は広く楽しみが広がります。

アイシングクッキーの魅力は、デザインを色々と変えられること。季節ごとやイベントを盛り上げるデザインに仕上げたり、子どもと一緒にアイシングして楽しんだりと、かわいいアイシングクッキーは笑顔が広がります。今年のクリスマスは、手作りだからこそさまざまな表情をもったジンジャーマンのアイシングクッキーを作ってみませんか?

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!