0

赤ちゃんのにおいが幸福感を与えてくるワケ

2018年1月14日 18時14分 (2018年1月16日 07時03分 更新)

 赤ちゃんのにおいって、なんともいえないものですよね。桃の香りがするという話をよく聞きますが、とても幸せな香りがします。お子さんがいるママは、きっと思い当たる節があるのではないでしょうか。

 保育社から発行されている「健康相談2 赤ちゃんといっしょ」によると、赤ちゃんはいろいろな「におい」をもっているそうです。例えば、母乳が胃液で消化されたにおいや、頭のにおい、便の酸っぱいようなにおいなど。これらのにおいは微妙な個人差はあるものの、どの赤ちゃんにも必ずあるのだとか。桃の香りは、母乳や頭のにおいなのかもしれませんね。

 ところで、こうした赤ちゃんのにおいによって、ママの脳内のドーパミンシステムが活性化し、母性保護機能を誘発させることが、カナダのモントリオール大学の実験でわかったそうです。なんと、赤ちゃんのにおいは、子どもを育てるためには欠かせない要素だったんですね。そして、女性の本能にも関係しているとは、なんとも不思議なものですね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!