0

食べて痩せる「帳消しダイエット」って何?食事は食べ合わせが大事?

2018年1月14日 18時00分 (2018年1月22日 05時43分 更新)

食べ合わせでバランスを整える「帳消しダイエット」


食べて痩せられたら夢のような話ですが、数々の著書を執筆している管理栄養士の伊達友美先生は、自身でも食事のバランスを整え、食べて20kg痩せたんだとか。とても気になるダイエット方法ですよね。

「帳消しダイエット」とは、例えばラーメンを栄養バランスのグラフで見た時、塩分が高いのでその分のバランスを摂るためにカリウムが含まれているバナナを食べるというもの。「帳消しダイエット」はカロリーの全てがなかったわけになるのではなく、あくまでも栄養バランスを整え、新陳代謝をあげ燃焼するダイエットのようですね。

昔から食材には食べ合わせの良いもの・悪いものがあると言われてきましたが、このダイエット方法は栄養バランスを見て生み出されたということですね。

「帳消しダイエット」の一例


カロリーが高い食事での帳消し食材の一例です。

○お好み焼きにはグレープフルーツジュース
お好み焼きを栄養グラフで見ると糖質・脂質が高く、ビタミン・ミネラルが少ないです。そこをグレープフルーツでバランスを整えます。さらにグレープフルーツにはイノシトールという過剰な糖質を排出する成分が含まれています。お好み焼きを食べに行った時には、ぜひグレープフルーツジュースも一緒に注文してみてくださいね。

○ホットドックにはプルーン
食物繊維が豊富なプルーン。便秘予防に食べている方もいるのでは?ホットドックも脂質が多いので、プルーンの食物繊維とアントシアニンが脂質の吸収を抑制してくれる働きがあるんだとか。

○パスタにはリンゴジュース
糖質が多く含まれるパスタはリンゴのオスモチンという成分で糖質を減らし、バランスを整えましょう。

○ラーメンにはチャーシュー
先ほどラーメンにはバナナと紹介いたしましたが、もう一つ食べ合わせの良い食材がチャーシューです。驚きですよね。ラーメンはタンパク質とビタミンが不足しているのでチャーシューで補うことができるのだとか。そして豚肉にはL-カルニチンという脂質や糖質を燃焼してくれる成分が含まれています。Lカルニチンはサプリメントでも販売されているのでダイエットしている方は試してみると良いかもしれません。

○ハンバーグには大根おろし
ハンバーグは脂質が高く、ビタミン・ミネラルが不足しています。こちらを補えるのが大根おろしなのだとか。大根には食物繊維も含まれているので、余分な脂質を排出する働きがあるそう。大根おろしならトッピングで選ぶことができますね。

○焼肉にはブラックコーヒー
焼肉の体脂肪になりやすいと言われている飽和脂肪酸と食べ合わせが良いのがブラックコーヒーなのだとか。ブラックコーヒーに含まれるメラノイジンが余分な脂肪を吸収・排出してくれる働きを持っているからだそう。

栄養バランスから見たダイエット方法って興味深いですね。上記の食事をした時に試してみるのも良いかもしれません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!