0

赤ら顔改善や青クマ改善に導く「ビタミンKクリーム」が凄い!

2018年1月14日 10時00分 (2018年1月18日 04時03分 更新)

ビタミンKクリームがもたらす効果とは?


ビタミンCやビタミンEなどのビタミン類はよく耳にしますが、ビタミンKはあまり聞きなれませんよね。そもそもビタミンKは脂溶性ビタミンのことで、緑黄色野菜や納豆などに豊富に含まれていると言われています。ビタミンKは血流を促進する効果があるため、赤ら顔となる毛細血管の赤みを改善させたり、血行不良による目の下のクマを改善してくれる働きがあると言われています。

ビタミンKクリームが赤ら顔と目の下のクマに効果をもたらすメカニズム


赤ら顔は毛細血管が拡張されていることや薄い皮膚などが大きな原因とか。身体の中の血流が滞った状態だと、毛細血管がどんどん拡張して赤みが肌に透けて見えてしまいやすいです。ビタミンKクリームは、血流を促進して血液をサラサラにしてくれる働きがあり、毛細血管の拡張を抑えることができるため、長期間使っていくうちに肌の赤みが目立たなくなっていくと言われています。

また、どんよりとした印象に見られがちな目の下のクマは、血行不良やストレス、睡眠不足や目の酷使、色素沈着などが原因だそう。ビタミンKクリームは、酷使した目の血流を良くしてクマを改善したり、メラニン色素を生成する酵素のチロシナーゼを抑える働きもあるため、美白効果を期待することもできますよ。

ビタミンKクリームを選ぶときには、ビタミンKが高配合されていることはもちろんのこと、乾燥しやすい肌をしっかり保湿してくれる美容成分が含まれているもの、デリケートな赤ら顔を優しくケアしてくれる肌に優しい成分が含まれているものを選ぶといいでしょう。自分に合ったビタミンKクリームで、赤ら顔や目の下のクマをケアしてみてくださいね。

ビタミンKクリームで赤ら顔や目の下のクマを優しくケアしよう


ビタミンKクリームを塗るタイミングは、洗顔後に化粧水と美容液で肌を整えてから使うのがベストです。強い力で塗りこむと赤ら顔を余計に悪化させてしまうため、優しく抑えるように塗ってから、しっかりハンドプレスをして馴染ませてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!