0

癒やしと魔除け!?柑橘系フルーツで「ポマンダー」を作ろう!

2018年3月7日 18時14分 (2018年3月8日 18時03分 更新)

 オレンジやレモンなど、柑橘系の果物が出回る季節、これらを使った「ポマンダー」作りをしてみてはいかがですか? ポマンダーとは、もともと中世ヨーロッパで魔除けのために、オレンジにクローブを刺して身に着けていたお守りです。ちなみに、クローブは殺菌作用や鎮痛作用があるハーブで、今ではクリスマスの時期になると、ツリーにオーナメントとして飾ることもあるようです。

 さて、ポマンダーの作り方ですが、まずはオレンジ、ゆず、レモンなどの柑橘系の果物1個と、クローブ、シナモンを用意します。次に、果物に竹串で穴を開けてから、クローブを穴に刺していきます。長期間保存したい場合は、全面にびっしりとクローブを刺しましょう。ただし、乾燥すると果物が縮むので、クローブは3~5mm間隔で。奥までしっかりとクローブを刺し、シナモンを全面にふりかけたら、風通しのいい場所で乾燥させて完成です。

 数日間、香りを楽しむだけなら、クローブはところどころに刺すだけで大丈夫。柑橘系の香りと、クローブのスパイスの香りで、心も癒やされますよ。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!