0

覚えておきたい!旅行先で髪がまとまらない時のヘアスタイリング

2018年3月14日 10時00分

前日の髪のお手入れを念入りにしておくと、スタイリングしやすい髪に!


旅行先で朝起きたら髪の毛がボサボサでうまくまとまらない!と焦ったことはありませんか?旅行に行くときは、荷物も必要最低限にしている方も多いはず。そのため、いつも使っているヘアケア用品が手元になくて髪のスタイリングに時間がかかってしまいますよね。

朝のヘアスタイリングで困り果てないためにも、前日のお手入れで髪の広がりやごわつき、パサつきを抑えてあげることがポイントです。髪をコーティングするコンディショナーよりも、保湿成分を内部に浸透させてなめらかな髪に導くトリートメントを使ってケアすることでスタイリングしやすい髪に近づけるでしょう。

髪の毛を乾かさなかったり、生乾きのまま寝たりするとキューティクルが開きっぱなしの状態になり、寝癖が付きやすくなります。きちんとドライヤーで乾かし、ブローをしてから洗い流さないトリートメントで髪を枕との摩擦から防いであげてくださいね。

旅行先ですぐに寝癖を直す方法って?


前日にしっかりヘアケアをしたつもりでも、旅行先に限って頑固な寝癖が付いてしまう場合があります。朝の支度は時間が限られているため、何時間も寝癖直しやヘアスタイリングをしていられないですよね。

そこでおすすめなのが、髪の生え際と髪の内側を水で濡らして乾かす方法。髪の流れは生え際によって決まるため、寝癖が気になる髪の生え際と内側をしっかり濡らしてブラシで伸ばしながらドライヤーを当てていきましょう。

軽いうねりであれば、ホットタオルを使う方法も効果的です。大きめのフェイスタオルを濡らしてから電子レンジで1~1分20秒温めて髪の生え際にのせておき、髪の内側がしっとりしてきたら外します。あとは毛先に向かってブローをすれば完了!仕上げにヘアオイルや美容オイルを髪に馴染ませれば、パサついた髪にツヤが生まれてまとまりやすくなりますよ。

旅行先にはワックスとオイルを持っていくと便利!


寝癖直しウォーターは重くて嵩張ってしまいますが、水やホットタオルとドライヤーで簡単に寝癖を直すことができます。小さいワックスやオイルがあればまとめ髪やダウンスタイルも簡単に決まるので、荷物に忍ばせておくといいかもしれませんね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「覚えておきたい!旅行先で髪がまとまらない時のヘアスタイリング」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!