0

「不育症」って知ってる?~繰り返す流産~【不育症シリーズ #1】

2018年3月14日 22時00分 (2018年3月22日 21時55分 更新)
source:http://www.shutterstock.com/

妊娠はできるけれども、流産や死産を繰り返してしまうことを「不育症」と呼びます。

とても悲しいことに、1度お腹に授かった命を2回以上流産、または死産(生後1週間以内の赤ちゃんの死亡も含む)によって亡くしてしまった場合を「不育症」と定義します。

また、1度元気なお子さんを出産されていても、2人目、3人目が続けて流産や死産になった際も同様です。(※1)

この記事では、2度の流産・子宮内掻爬(しきゅうないそうは)手術を経験し、「不育症」と診断された過去をもつ保育士の筆者が、不育症について自身の体験エピソードをもとにお伝えしていきます。

▼「不育症」を知っていますか?

まず、流産は決して珍しいことではありません。

厚生労働省不育症研究班の調査によると、妊娠をしたことのある女性のうち、約40%は1回以上の流産を経験しているようです。

2回流産の経験者は約4%、3回流産の経験者は約0.8%の頻度でいます。何の異常がなくても、運悪く流産を繰り返してしまう女性もいるのです。(※1)

「不妊症」に比べると認知度の低い「不育症」ですが、実際に苦しんでいる方はたくさんいます。

また、たとえ1度であっても、“流産の経験”というものは深い“心の傷”を負うでしょう。

筆者の経験をお話しすることで、大切な小さな命を亡くされた方々への理解が深まることを願っています。

▼自覚症状のない「稽留流産」(けいりゅうりゅうざん)

2015年3月。

筆者にとっての初めての妊娠は、嬉しい気持ちもありましたが、びっくりするくらい緊張しました。

自分のからだが自分だけのものではなくなる……初めての感覚に力が入りすぎ、ドキドキでした。

しかし妊娠9週を迎えた頃、エコーで赤ちゃんを診察してくださった先生からこう言われました。

「残念…、赤ちゃん、育ってないね…」

頭の中は「?」がいっぱいでした。

つわりもひどいし、疲れやすい。妊娠初期特有の症状はその瞬間にも続いていたからです。

その時点で「稽留(けいりゅう)流産」の疑いがもたれました。

「稽留流産」とは、胎児が死亡してしまっていて、妊娠が継続できない状態になっても、まだ出産・腹痛などの症状がなく、胎児が子宮内にとどまっている状態のことです。(※2)

きっと何かの間違いだと疑いながら帰宅しましたが、少しずつ冷静になってきて、夫が帰宅してからオイオイ泣きに泣きました。

▼エコーで見えた小さな命の点
source:http://www.shutterstock.com/

命が宿り、確実に自分のからだが変わっていく感覚を感じながら過ごした1ヶ月でした。

緊張と不安でいっぱいでしたが、だんだんと「自分が赤ちゃんを守るんだ」「絶対にこの世に産み出してあげたい」と気持ちを奮い立たせていた日々でした。

特につわりは、いつまで続くのか、どれだけひどくなるのかもわからず、気が滅入りました。

検診にいくまで赤ちゃんの無事がわからない妊娠初期は、精神的にとても辛い。

それでも、エコーで見えた小さな命の点を思うと、そのつわりさえも何とも言えない、嬉しい体験になっていました。

それが、突然終わってしまうなんて……。

▼喜びから一気に「どん底」へ

どうしてわかってあげられなかったんだろうか……。

もしかしたら赤ちゃんはお腹の中で苦しい思いをしたんじゃないか……。

からだを冷やしてしまったんだろうか……。

つわりでご飯が食べられなかったからいけなかったのか……。

どうして守ってあげられなかったんだろう。

どうして、どうして……。ごめんね、ごめんね、ごめんね……。

パパになったと喜んでいたのに、夫に申し訳ない。喜んでくれた両親にも、気遣ってくれた職場の方々にも、どんな顔して報告しよう……。

そして、まだお腹の中にいる赤ちゃんのことを思うと、死んでしまったなんて信じられないし、好きなだけお腹の中にいてほしいとも思いました。

お腹にいた大切な命が突然消えてしまうなんて誰も想像したくないことでしょう。

それが1度きりではないということにこの時はまだ知る由もありませんでした……。

<第2話に続く>

【参考・画像】
※1 「不育症ってなぁに?」- 不育症そだってねっと
※2 流産・切迫流産 – 日本産科婦人科学科
※ Praisaeng、Markov.Sergei / Shutterstock

関連記事

きちんと理解したい「子宮」…大きさ・重さ・産前産後の変化とは
診断結果は「稽留流産」~赤ちゃんへの手紙~【不育症シリーズ#2】
「もし俺が無精子症だったら…」 【妊活QA #25】
面倒な基礎体温の計測をカンタンに!「婦人用体温計」6選
妻が妊娠しづらい体と判明…。夫のベストアンサーは?【妊活QA#24】
妊活中の女性に嬉しい♡カフェインレスの「お茶の種類」3つ
深夜に起きた突然の破水…!「41歳高齢初産」その奇跡の結末とは?<連載最終回>
欲しいけど踏み切れない…ママ達が「2人目妊娠」に消極的な4つのワケ
妻が流産……そのとき夫にできることは!?【妊活QA#23】
ママ友に2人目ラッシュ期に言うと「恨まれる」失言3つ
非公開: 妊活中、クラミジアやカンジダに…子宮周りの感染症の影響は?
非公開: 生理の経血「量が多い・少ない」の違い、妊娠との関係性って?
あ、今日あるかも?夫からの「夜のお誘い」サイン5つ
妊活中の友達より先に妊娠…どうやって「妊娠報告」しますか?
非公開: 生理の経血「色の濃さ」の違い、気をつけたい症状って?
妹が先に妊娠…!家族間で起きた「妊活トラブル」エピソード
「排卵誘発剤」は自分で注射!? 不妊治療の実態とは【妊活QA#22】
平愛梨は兄の一言で!? ママが「妊娠に気づいた瞬間」エピソード3つ
排卵日に夫の職場まで行っちゃった!? 「妊娠成功エピソード」3つ
不妊経験者が「子どもの写真入りの年賀状」を送るのは無神経?
妊活仲間とずっと一緒にいると「妊娠しづらいかもしれない」理由
新年こそ夫婦で仲良く♡ママ達の「姫始め」エピソード3つ
「4月出産狙い」で妊活するママが多いってホント?
妊活仲間の「おめでた報告」…どう返す!?【妊活QA#21】
私だって本当は…「夜の夫婦生活のマンネリ」を脱却するヒケツとは?
ツライ(涙)2人目妊活仲間のグループで私だけ「妊活中退…」
「理論派な夫」がレスの原因に…!? 妊活女性のお悩みとは?
「第2子は凍結胚で」これってアリ…!?【妊活QA #20】

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!