0

豆腐の水切り、どうしてる?チンするより美味しい裏技を発見!

2018年4月17日 08時46分 (2018年4月17日 09時10分 更新)
 世には多くの“家事のコツ”が紹介されていますよね。そんな中で実際に私がやってみて良かったおすすめを3つ選んでみました。

◆①豆腐の水切りはこれで美味しく!

 豆腐の水切りって重しを乗せたり、茹でたり、ザルに上げたり…色々な方法がありますよね。

 中でも最も短時間で水切り出来るのは、電子レンジを使う方法なので実行してる方が多いのではないでしょうか?

 ですが、時間に余裕のある時は…豆腐の両面に塩を振りキッチンペーパーで包み半日ほど冷蔵庫に入れておく方法をオススメしたいです!

 その間に、二度程キッチンペーパーを取り替えて欲しいので少し手間がかかりますが…しっかり水切りもできますし、なおかつ味のしまった美味しい豆腐になります。

 ゴーヤチャンプルーなどにしてもいいですし、シンプルにオリーブオイルと塩で食べるのも美味しいですよ。

◆②明太子を簡単にむくには、いったん凍らす

 明太子(たらこ)を薄皮から中身だけ取り出したい時、どうしていますか?

 適当にぶつ切りにしてスプーンですくい取ったり、お箸で挟んで絞り出したりするのは時間はかかるし、どうしても皮に明太子が残ってしまうし…もったいないですよね。

 そこで、ご紹介したいのが明太子をいったん凍らす方法です! 凍った明太子に包丁で切れ目を入れるとペロッと簡単に剥く事が出来ますし、明太子が皮に残ってしまう事もないです。

 もちろん解凍後も味は変わりませんよ。そして、まな板も汚れませんし良い事尽くめです。これで気楽に明太子スパゲティやタラモサラダを作れますね。

◆③山芋の皮をむくには、スプーンでそぐように

 山芋は美味しいし、栄養もあって身体に良いので食べたいけれど…皮を剥く時にヌルヌルしていて痒くなるし剥きづらいので、少し面倒臭いですよね。

 そんな時に活躍するのがスプーンです! 山芋の皮をスプーン(カレーを食べる時に使うような大きめのものがオススメ)のサイドでグッと押すようにそぐと簡単に剥くことが出来ます。

 包丁やピーラーでは難しい山芋のボコボコした部分もキレイに素早く出来るので時短にもなりますよ。

 ちなみに里芋やジャガイモの皮もこの方法で剥く事が出来ます。

 ちょっとした“コツ”を覚える事で料理に対するハードルが低くなり、やる気が出たりしますよね。是非、皆さん試してみて下さい!

<TEXT&イラスト 鈴木詩子

鈴木詩子すずきしいこ)】

漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!