0

保育園ではNGかも!「事故に巻き込まれやすい服装」は?

2018年4月26日 21時45分
source:http://www.shutterstock.com/

春は保育園や幼稚園に入園する子も多く、服を買うというママが多いと思います。

ただし、デザインだけで洋服を選んでしまうと、ものによっては子どもを危険にさらす場合があります。

今日は2児のママである筆者が事故に巻き込まれやすい服について、過去にあった事故事例などをもとにお話したいと思います。

▼初夏の子どもの服装は?

春から初夏にかけては、肌寒い日もあれば、暑い日もあって気温が不安定です。服装も、薄い長そでを着せたり、半そでTシャツの日もあります。

朝夕は気温が低めなのでちょっとした上着を着せたりもしますよね。こんな風に、毎日の天気や気温によって調整が必要な時期です。

▼過去にあった事故事例
source:http://www.shutterstock.com/

東京都内で4歳の女の子がパーカのフードがドアノブに引っかかり、窒息状態となって入院する事故が起きています。(※1)

また、子ども同士で引っ張り合ってけがをするなど別の調査でもわかっています。

東京都が実施した消費者アンケート調査によると、全体の77%がヒヤリハットを含めた事故を経験しており、そのうち16.5%(6人に1人)の割合で実際にケガをしている現状があります。

海外では死亡事故も起きているのです(※2)。

▼保育園ではNGの「事故に巻き込まれやすい服装」って? 

特に“ひも”付の服が危ないということから、日本では2015年に子ども用衣料のひもの安全基準が公表されました。(※3)

また、すその長い洋服の場合は、自分で踏んだり踏まれたりしてつまずいたり、フードはあちこちのでっぱりに引っかける可能性があります。

筆者の子どもが通う園の決まりや、一般的な動向から以下の衣類は事故に巻き込まれやすい服といえそうです。

【事故に巻き込まれやすい服装】

source:http://www.shutterstock.com/(1)ひものついた服

特に顔周りのひもは要注意! どこかに引っかかるようなことがあれば窒息する可能性があります。

ホルターネックの洋服はNG、デザインでつけられたひも、大きさを調整するためのひもにも注意が必要です。園児の場合は、お友達に引っ張られてケガをする危険もあります。

(2)フードがついた服

肌寒いときに重宝するパーカーやフードつきのカーディガン、夏になれば水着の上に着るラッシュガードにもフードつきのものが多いです。

筆者の子も自宅の植木に引っかかったことがあります。フードが引っかかる、お友達に引っ張られる、ファスナーで皮膚を挟むなどケガをする可能性が高く、多くの園でフードつきの服はNGとされています。

(3)すそが長い服

すその長いズボンやスカート、ワンピースにも危険が伴います。女の子が好むチュチュスカートも、リボンやひもなど装飾があるものはそれだけひっかかりも多くなるので着用時は注意しましょう。

保育園や幼稚園では、そもそもワンピースやスカートは外遊びに不向きという理由などから禁止というところも多くあります。

(4)番外編

筆者の子どもの園では、サンダルやローファーもNGです。しっかり歩けないうえ、万一の災害のときにも逃げるときに危険だという理由です。

さらに、ズボンにつける“移動ポケット”も引っかかったり、ピンの開閉でケガをするという理由で禁止になっています。

以上、事故に巻き込まれやすい子ども服をあげました。

大人には何でもないことでも、子どもにとっては危険になります。安心してたくさん遊んでもらうためにも、登園時などは特に安全な洋服を選びたいですね!

【参考・画像】
※1「子供服に安全基準 ひも・フード…危険性の認識を」産経ニュース
※2「安全・安心な子ども用衣料をめざして」野村憲二『国民生活』、2014年
※3「子ども用衣料(ひもの安全基準)のJIS案を公表します。~子ども服メーカー・消費者等、関係者へのJIS普及・周知に向けて~」経済産業省
※ Purino、 Seksun Guntanid、szefei / Shutterstock

関連記事

衛生面は大丈夫?「砂場遊び」で気をつけたい3つのこと
真っ白な壁をセンスアップ!素敵な「壁掛けインテリア」特集♡
防虫対策も重要!プロ直伝「子ども服の衣替え・収納時のコツ」3つ
2歳の誕生日プレゼントにも!人気のおすすめ「二輪車・三輪車」 5選
保育園と幼稚園の違いって?ママが「保育園のプロに任せて良い」こと
年間約100人が窒息死…「子どもの誤飲窒息事故」を防ぐためにしたいコト
オシャレママ&キッズの最新ファッション!1日限りの「FAMILY FES」潜入スナップ
脱・寝巻きコーデ!「アスレジャー」を可愛く見せるPOINT3つ
パン好きっ子が大喜び!簡単「サンドイッチアレンジ」3つ
【時短ママ】これは便利!今すぐ使いたい「お役立ちアプリ」3選
慣れない集団生活…「保育園入園後の子ども」に起こる変化とは?
保育園の「37.5度ルール」はなぜ?登園を断る理由とは
肌着は何枚?春生まれの赤ちゃんに用意しておきたい洋服
子どもの「お腹いたい」発言への対処法は?
4月から保育園が待ち遠しくなっちゃう!? 子どもを「その気にさせる秘訣」3つ
子連れピクニック&お花見にも使える!おすすめ100円アイテム6選
チャイルドシート不使用で事故多発!正しい使い方と注意点
着替えは1日4回以上!? 出産前に準備したい「新生児肌着」7選
保育士を悩ませる「新年度困ったママさん」チェックリスト5つ
チャイルドシートは「レンタル派」!おすすめショップ5選
意外と知らない!? 安全な「チャイルドシート」の付け方と注意点
過去の震災から学ぶ!妊婦さんが備えるべき「防災項目」6つ
入園が待ちきれない♪子どもが大喜びの「デコ上履き・入園グッズ」
「日本一寂しい公園」その理由とは…? #パパパラッチ03 
洗濯以外にも使い道が!? 赤ちゃんに優しい「無添加洗剤」7選
パパが失敗しがち!? 「幼稚園・保育園の送迎を頼む時」の注意点2つ
公園や児童館デビューが上手くいく!ママ友と「良好な関係を保つコツ」
春の子ども服の新作をチェック!おすすめ「オンラインショップ」5選

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「保育園ではNGかも!「事故に巻き込まれやすい服装」は?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!