0

ボトムスに1点投入で脱マンネリ。今季の大人コーデに不可欠の5カラーを✔

2018年5月22日 21時00分

つい選んでしまいがちな白・黒・グレーの王道カラー。クローゼットのアイテムを見ると変わり映えしない王道カラーのアイテムばかりでマンネリ感を感じている方も少なくないと思います。そんなお悩みにはカラーボトムスを1点投入してみるのがオススメ。それでは早速、大人っぽコーデに馴染む5つの旬カラーと着こなしのコツをチェックしてみましょう。



|今季大注目“ライラックピンク”で女感アップ


女感を高めてくれるピンクカラーの中でも、今季大注目されているのがパープルよりの“ライラックピンク”。濃いめトーンのピンクですがボトムスならトライしやすく、コーデを引き締め可愛らしくなりすぎることもありません。


出典:


また、シャープな印象を与えてくれるのでトレンドのパフスリーブトップスもフェミニンになりすぎず大人っぽく仕上げてくれます。さらに上写真のアイテムのようにサッシュベルト風のリボン付きのタイプなら気になるウエスト周りをしっかりとカバーできますよ。



|きちんと感のあるインパクトは“フレッシュグリーン”でON


実はトライしやすいキレイめカラーの1つが鮮やかな“フレッシュグリーン”です。


出典:


きちんと感がありながらも華やかなインパクトをオンしてくれるので、夏定番の白シャツも新鮮な表情に。また、足元に合わせた鮮やかなオレンジのサンダルがマッチして、大人感をキープしつつ可愛らしい印象をプラスしてくれます。上写真のように裾にさり気なく入ったスリットが入ったデザインを選ぶと、動きも出て歩くたびにチラ見えする肌が抜け感とお洒落感をグッと引き上げてくれますよ。



|清涼感のある好印象コーデは“淡いブルー”で演出して


落ち着きのある清涼感と好印象な着こなしを演出するなら、ホワイトよりもコンサバすぎない“ペールトーンのサックスブルー”をチョイスしてみましょう。


出典:


上写真のようにとろみ素材のペールトーンのアイテムはお洒落に女度を高めてくれますし、程良くハイウエストでウエストラインにデザインの入ったボトムスなら、シンプルな着こなしでもサマになる装いが即完成できます。さらにトップスも袖部分がシースルーのものを選ぶとさり気ない肌見せを実現でき、上品な色気と清涼感溢れる着こなしが愉しめますよ。



|シンプルエレガントは“濃いめブルー”で叶える


シンプルエレガントな着こなしを目指すなら、ネイビーに近しいけれど鮮やかで気品のある“ロイヤルブルー”を投入してみましょう。一層女らしさが高まります。


出典:


深めスリット入りのロングシャツにレイヤードさせたワンツーコーデでもメリハリ感が生まれて大人っぽさをしっかりとキープしたスタイルに仕上がります。また、上写真のように足元にシルバーのフラットシューズを合わせると可愛くなりすぎず上品さもキープできますよ。



|遊び心をプラスしたカジュアルスタイルは“マスタード系イエロー”で


印象強めなイエローは難易度高めではありますが、マイルドな“マスタード系イエロー”ならトライしやすく、女っぽさをグッと高めてくれます。


出典:


ハイウエストのワイドシルエットならプリントTを合わせても女らしさをキープしてくれるので大人の遊び心を感じさせるカジュアルスタイルを愉しめます。また、上写真のようにTシャツのプリントカラーをボトムスとリンクさせると着こなしにまとまり感が出ますよ。



このようにトップスだとトライしにくいカラーでもボトムスなら意外とすんなり馴染みやすく手軽に旬顏スタイルを愉しむことができます。アウター要らずの季節だからこそ、ぜひ参考にしてカラーアイテムを上手に取り入れたお洒落を愉しんでくださいね。<text:Hiromi Anzai>

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ボトムスに1点投入で脱マンネリ。今季の大人コーデに不可欠の5カラーを✔」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!