0

”一生のお願い”だよ…♡男にモテる「夏のおねだり作法」4つ

2018年7月13日 10時00分
彼におねだりをする際に、なんでもしてあげたくなるような仕草をマスターしたいという方。
彼がドキッとするような、可愛いおねだりモテ仕草には、様々な方法があります。
そこで、夏の浴衣デートにぴったりな「おねだりモテ仕草」をご紹介します。

(1)内股、小股で歩く
『頑張って歩いてくれている姿はほんと可愛いですよね』(31歳/人事)

浴衣を着ると、歩幅が狭くなるので内股になりますよね。
その際に、小股でちょこちょこ歩くと、一生懸命彼について行ってる感じを演出することが出来ます。
そうした姿は、男心をくすぐることに繋がります。

そうした場面でおねだりをすると、男性はなんでもしてあげたくなります。
思わず手を繋ぎたくなるような歩き方で、彼をキュンとさせちゃいましょう。

(2)胸元、浴衣の裾の乱れを気にする
『なんか、色っぽいんですよね。なんなの!脱がすぞ!』(29歳/公務員)

浴衣は少し気をぬくと胸元や浴衣の裾が乱れてしまいます。
そのため、時折乱れを気にする必要があります。

男性はそうした女性の恥じらうような仕草にドキッとする傾向にあります。
浴衣デートの際は、時折さり気なく胸元を隠したり、座る際に浴衣の裾を気にしたりすることで、普段は見ることのない色っぽい一面をアピールしてみましょう。

(3)髪をアップにすることで首筋を露出
『うなじは永遠みつめてられます』(34歳/美容師)

浴衣を着る際には、髪をアップにしますよね。
男性は女性の首筋に魅力を感じる傾向にあります。
そのため、首筋に目がいくような仕草をすることで、いい女という印象を演出しましょう。

余った横の髪を耳にかけるなどの仕草は、男性ウケが良く、首筋にも目がいくのでおすすめ♡
髪をアップにする際には、横の髪をあえて残すようにしましょう。

(4)袖の袂をつかむ
『なんか所作の一つ一つがキレイだと、イイ女感が……♡』(27歳/メディア)

浴衣を着る際には、品のある印象を与えることが大事。
物を取る際など、腕を上げる時には袖の袂をつかみ、二の腕や脇が露わにならないよう心がけましょう。
手を伸ばすと袂の隙間から二の腕が見えることがあるので、常に注意を払う必要があります。

普段は見ることのない、品のある一面をアピールすることで、好感度アップにも繋がります。
浴衣デートの際には、特別感を引き出すためにも、普段とは違う一面をアピールすることがおすすめ!

----------

なんでもしてあげたくなる「おねだりモテ仕草」で、彼をキュンとさせ、おねだりを成功させましょう。
夏の浴衣デートにしか出来ない、貴重なモテ仕草をマスターし、彼との仲を深めることが出来るといいですね!

(文/恋愛jp編集部)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「”一生のお願い”だよ…♡男にモテる「夏のおねだり作法」4つ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!