0

逃さないで! 転職するベストタイミング3つ

2018年8月15日 06時10分
転職活動をすることは珍しくないいまの時代。キャリアを積んでいくため、生活を安定・充実させるため、ごくあたりまえのステップアップ手段として転職を選ぶ人が増えていますよね。将来自分がどんな働き方をするか迷っているとき、周囲の転職理由は参考になるもの。そこで今回は、転職を経験した女性にアンケートを実施。20~30代の女性が転職を決めたきっかけとタイミングについて探っていきましょう。転職活動をすることは珍しくないいまの時代。キャリアを積んでいくため、生活を安定・充実させるため、ごくあたりまえのステップアップ手段として転職を選ぶ人が増えていますよね。将来自分がどんな働き方をするか迷っているとき、周囲の転職理由は参考になるもの。そこで今回は、転職を経験した女性にアンケートを実施。20~30代の女性が転職を決めたきっかけとタイミングについて探っていきましょう。

■もはや普通? 転職経験者は5割超え!

転職なんてそうそうするものじゃない。働き盛りの女性たちの親世代ともなると、就職した会社でずっと働くことが当たり前だったかもしれません。ですが、現代の女性にとって、もはや転職は普通のこと。転職経験者は想像以上に多いようなのです。

Q転職した経験はありますか?

ある(53.9%)

ない(46.1%)

※有効回答件数360件

転職経験がある女性は、半数を超える結果に。それぞれの人が自身の仕事と向き合い、さまざまな選択をしているということです。

■女性が転職を考えた7つのきっかけとは?

では、経験者の女性たちは何をきっかけに転職を決めたのでしょうか? いまのあなたに当てはまる状況が、もしかしたら見えてくるかもしれませんよ。

◇(1)人間関係

・「人間関係が合わない。やりたい仕事じゃない。精神状態が悪く、仕事が困難だったから」(26歳/運輸・倉庫/その他)

・「職場の人間関係に悩んで転職を考えた」(30歳 /学校・教育関連/販売職・サービス系)

◇(2)キャリアアップ

・「5年、10年先に同じ会社で働いている未来が見えなかった。いつか転職するなら年齢的に最後のタイミングかも知れないと思った」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「キャリアアップできるイメージが持てなかった。ちがう業界を経験してみたいと思った」(28歳/その他/事務系専門職)

◇(3)給料に納得できない

・「収入が少なかったから。稼ぎたかったから」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事量に対しての給料に不満だった」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

◇(4)仕事内容に不満

・「夜勤がつらかったし、人間関係もよくなく、給与が見合っていると思えなかったから」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「もともと勤務していた職場が希望していた職種でなかったこと。ストレスから体調を崩し、しばらく休むこととになってしまったから」(26歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

◇(5)残業が多くて

・「個人事業主でワンマンなところがあった。仕事がなくても残業して当たり前、有給休暇を使えないところが嫌で転職した」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

◇(6)会社の経営状態への不安

・「賃金未払いが続いたので退職した」(25歳/その他/その他)

・「会社が倒産したのと、これを機にちがう職種に就いてみたかったから」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

◇(7)パワハラ・モラハラ

・「職場の上司がパワハラしてくるから。邪魔されると仕事にならない」(33歳/その他/その他)

・「上司に無視されたり、機嫌の良し悪しで言動が変わったりについていけなかった。年齢で昇給額が決まり、賞与も一定額しかもらえないので、モチベーションも維持できなかった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

キャリアアップをしたい、仕事内容・就業時間・給料に納得できる職場で働きたいという、上昇思考や現状を打開したいという感情がプラスに働いている模様。人間関係に押しつぶされてしまった、仕事がハードすぎた……。その結果、体調を崩して転職しなければならない状況になってしまったというパターンも。社会問題にもなっているパワハラ・モラハラをきっかけに、耐えきれず転職することも珍しくないようです。

■実際に転職をしたタイミングって?

では、転職のきっかけを得た女性たちは、具体的にどんなタイミングで転職をしたのでしょうか? 「やめる!」と決めても、仕事の状況によってはそれがすぐできないことも。最適なタイミングを見極めるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

◇代わりの人材が見つかったタイミング

・「新人が入ってきて、ひとりで仕事をこなせるようになった時」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「代わりの人材が育ったタイミングで」(30歳/その他/販売職・サービス系)

◇体調を崩したタイミング

・「体調不良で、心身共に仕事をやめたいと思ったから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「ドクターストップで1カ月休職した後、3カ月くらいしてから」(33歳/その他/その他)

◇自分の年齢を考えて

・「自分の年齢的に、業界を変えるなら若くないと無理だと思ったから」(26歳/情報・IT/技術職)

・「30歳を迎えて、自分の仕事、平日の過ごし方を見つめ直した時」(33歳/その他/その他)

仕事をきちんと引き継ぎできたタイミングなら余計な心配をすることなく、軽快な気持ちで新天地へ向かえるはず。また、無視できないのが体調のこと、そして年齢のこと。転職を先延ばしにできない理由が見えてきた瞬間、人は思い切って前へ進むことができるのかもしれません。

■後悔はない? 転職をしてみて思うこと

転職した女性たちに、後悔の二文字はないのでしょうか。現状が改善されない転職ならば避けたいところ。後悔しない転職をするには? 実際に転職をした女性たちのいまの気持ちを探ってみました。

◇人間関係が改善されてよかった

・「前の会社よりも給与は下がったが、パワハラがなくなったのでよかったです」(27歳/食品・飲料/専門職)

・「後悔はまったくありません。いまは新しい職場で楽しく仕事をしています」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

◇給料がアップしてよかった

・「人間関係もよく、給料もアップしたので、後悔はないです」(33歳/その他/その他)

・「給料が良くなったので転職してよかったです」(24歳/その他/販売職・サービス系)

◇休日があるのでよかった

・「土・日・祝が必ず休めるので転職してよかったです」(32歳/その他/その他)

・「休みもしっかりとれるし、労ってもらえるので、転職してよかった」(25歳/建設・土木/技術職)

◇やりたかった仕事ができてよかった

・「やりたかった仕事をやれているので後悔はない。でも自分には向いていないといまも思い続けている」

・「自分が子どものころ、夢だった仕事ができているので楽しいです。やめるきっかけをくれた嫌な上司にも、やめるタイミングをくれた身内にも感謝しています」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

何かを妥協したとしても、結果的にはよかったと思っている女性が多いようです。自分自身が決めたことならば、後悔はしないのかもしれません。転職するには何かしらの理由があるもの。「自分はなぜ転職したいのか」の部分を軸にして新たな環境を探せば、きっとあなたに合った職場が見つかるはず。

■自分自身を大切に。転職への一歩を踏み出して!

転職をするきっかけに、何かしらのストレスがあることは事実。人間関係のストレス、オーバーワークのストレス、金銭的な問題のストレス……。そのストレスがピークに達すると、体調を崩してしまうことも。「転職をしたい」と感じた瞬間こそ、一歩踏み出すチャンスなのかもしれません。あなたは、いまの仕事に満足できていますか?

藤奈子

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2018年7月12日~7月13日調査人数:360人(22~34歳の未婚女性)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「逃さないで! 転職するベストタイミング3つ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!