0

男がデートで”嫌だな…!”と思った時に見せる「間接アピール」って?

2018年8月19日 11時00分
好きな男性とのデートは、とても楽しい瞬間です。
しかし、自分は楽しいと思っていても相手も楽しいと思っているとも限りません。
男性がデートで嫌な思いをしたときには間接的にアピールしていることがあります。

そのため、これからご紹介する内容を参考にデート中は相手の様子も確認してみましょう。

(1)休憩の頻度が多い
『ちょっと休もうか……って言えば合法的に暇がつぶせるぜ……』(27歳/経理)

女性と一緒に出掛けるとなると、買い物デートなどをすることも多くあります。
しかし、買い物に行くとなると男性は「めんどくさいなぁ……」なんて感じてしまうことも時々あるものです。

そんな時、嫌な気持ちが休憩の頻度の多さに出てしまうことも……。
何かにつけて、男性側が休憩をしたがろうとしている時には、退屈だったりめんどくささを感じている可能性が高いことを覚えておきましょう。

(2)お金をかけない
『ちょっと気が乗らないよね……奢りたくない女』(26歳/商社)

デートをするとなった時に、あまりお金をかけないようなデート内容になってしまった時も注意が必要。
単純に、デート内容がお金のかからないものになってしまったケースもあります。

しかし、気が乗らないからこそデートにお金をかけるのを渋っているという場合もあるのです。
お金を出すのを渋るような仕草を見せている場合は、デート自体が少し嫌になっていることも考えられます。

(3)近場のデート
『え~もうカラオケで良くね?』(22歳/学生)

全てのデートに言えることではありませんが、毎回デートが近場だった場合注意が必要です。
好きな人とだったり、乗り気だった場合は遠くにも足を運ぼうという気になるもの。

しかし、毎回近場ばかりだったという場合あまり行きたくないという気持ちが表れている場合があります。

(4)早めに切り上げられる
『とりあえず行く予定だったところは終わったので、さて帰ろか』(28歳/公務員)

好きな人と、乗り気でデートをしていた場合は長い時間一緒に居たいという気持ちを持っているものです。
しかし、デートで何かと理由をつけられて早めに切り上げられてしまうということが複数回続いた場合は注意が必要。

早く帰りたい仕草を毎回された場合は、相手の気持ちが乗っていない可能性があるので気を付けましょう。

----------

自分が楽しみにしているからといって、相手も楽しみにしていたり楽しんでいるとは限りません。
相手の気持ちに気づかずに、自分だけはしゃいでしまったりするととても危険です。
相手が嫌な気持ちになっているのに気づくことができないと、次のチャンスが訪れないこともあります。

そのため、相手が嫌そうなサインを出したらすぐに気が付くようにご紹介した内容を頭に入れておきましょう。

(文/恋愛jp編集部)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「男がデートで”嫌だな…!”と思った時に見せる「間接アピール」って?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!