0

ファンデの替え時サイン3つとは?使いきり術をプロが伝授

2018年8月20日 19時30分

なかなか使い切れないファンデーションを、持て余してしまうことはありませんか?

ヘアメイク、コスメコンシェルジュとして活躍する筆者が、ファンデーションはいつまで使えるのかと、「買い替えのサイン」についてご紹介します。

■ファンデーションの消費期限とは?

未開封のファンデーションは、どのブランドでも「3年」が消費期限となっています。

ただし、1度開封したものは、そこまで長く持ちません。メーカーによって変わるものもありますが、消費期限が「1年」のものがほとんどのようです。

■古いファンデーションは肌に悪い?

「開封して1年以上たつファンデーションを絶対に使ってはだめ」ということはありません。しかし、ファンデーションの効果が半減していたり、成分が変性して肌荒れをまねいたりする可能性が高くなります。

特に、もともと敏感肌の方は、かぶれや吹き出物が出る原因にもなりかねないので、古くなったものを使うことはおすすめしません。

■ファンデーションが古くなっている3つのサイン

古くなったファンデーションを見分けるポイントをご紹介します。

(1)独特な臭いがする

以前と違った臭いがする場合は、古くなっているサインです。

酸化によって雑菌が繁殖している可能性もありますので、新しいファンデーションに買い替えることをおすすめします。

(2)リキッドファンデーションが分離するようになった

リキッドファンデーションは油分が多いので、古くなってくると成分が分離した状態になります。

使ってみて、肌にカスのようなものがでるようになったり分離した状態がつづくようなら、新しいファンデーションに変えるタイミングです。

(3)パウダーファンデーションの表面が硬くなった

パウダーファンデーションによっては、酸化が進むと、表面が固くなります。

この状態だと、スポンジにファンデーションが肌にちゃんとのらないうえに、もともとの効果も半減している可能性があるので、買い替えをおすすめします。

■余っているファンデーションの活用法

ファンデーションがなかなか使い切れないという方におすすめの方法が、顔だけではなく身体にも使うことです。

肘やひざにできやすい黒ずみ部分や、脱毛して毛穴が目立つ部分にファンデーションをつけると、モデルのようなツヤツヤ肌になります。

この時期は、サンダルを履く時に足の甲につけるのもおすすめですよ。

季節によってファンデーションの特徴が違います。どうしても余ってしまう方は、身体にも使って、できるだけワンシーズンで使い切るようにしましょう。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ファンデの替え時サイン3つとは?使いきり術をプロが伝授」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!