1

安物トースターで、2万円トースターより美味しくパンを焼く裏技があった

2018年9月14日 08時46分
 ITジャーナリストの久原健司です。

 私は家電が大好きで、気になる家電が出てくると試さずにはいられません。特に最近気になっていたのが、有名なバルミューダのトースター。芸能人が愛用していることもあり、ミーハーな私は使用してみたいと思っていました。

 しかし、2万円超えという値段のためなかなか手が出せず……。どうしようかと悩んでいたところ、妻の両親が購入したという朗報が! 念願かなって、実際に使えることになりました。

◆バルミューダで焼いたパンを食べてみると…

 バルミューダで焼いたパンを食べてまず感じたことは、レビュー通り外はカリカリ、中はもっちもちの美味しさだということでした。おそらく普通のパンを焼くのであれば、このトースター以上の味は難しいでしょう。

 しかし、トースター一つに2万円……。確かに美味しいパンは焼けるけれど、なかなか手が出せる金額ではありません。普通のトースターでなんとかこの味を出せないものか。

 試行錯誤の末、あるパンを使えば、「普通のトースターでもバルミューダ以上の味のパンを食べられる」方法を見つけたのです。今回は、その方法を紹介します。

◆スーパーで「冷凍パン」を買って焼く!

 冒頭でも話しましたが、通常のパンであれば、バルミューダでトーストしたパンは本当に美味しいです。

 しかし、今回私が紹介したいのは、通常のパンをトーストするのではなく、「冷凍パン」をトーストして食べる方法です。これがバルミューダに負けず劣らず、本当に美味しいんです。

 ここでいう「冷凍パン」とは、通常のパンを自宅で冷凍保存したものではなく、すでに冷凍されたまま販売されているものです。日本の冷凍技術に感動するほど、冷凍パンは本当に美味しいのです。

(今回使用したのは「タカキベーカリー」の冷凍パンで、都内では一部イトーヨーカドーや生協で購入可能。冷凍パン自体は、ネット通販や、一部のイオンなどスーパーでも売っているところがあります)

◆冷凍パンをより美味しく食べる方法

 冷凍のパンを美味しくトーストする方法を調べてみたところ、「自然解凍した後にトースト・電子レンジでゆっくり解凍をした後にトースト」という情報が多く出てきました。

 しかし、これは冷凍庫で冷凍したパンをトーストする場合の方法です。冷凍パンの場合は、事前解凍をしなくても直接トースターやオーブンで温めて食べることができます。

 さらに、冷凍パンをより美味しく食べるには、調理用霧吹きで表面を湿らせてからトーストしてみてください。このひと手間を加えるだけで、一層風味豊かに、美味しく焼きあがります。

◆特に美味しいオススメパン

 中でも、特に私が好きな冷凍パンはバゲット系です。

 皆さんの中にも、サイゼリヤのミニフィセルのガーリックトーストが好きな方がいると思います。私も大ファンの一人です。トーストのカリカリでは物足りない、外はガリっと、中はもっちもちの最高のバケット。この味が、家の普通のトースターで楽しめるのです。

 サイゼリアのミニフィセルが好きな方は、自宅であの味が体験できてしまいますので、ぜひ一度お試しください。

 2万円を超えるバルミューダのトースターは、もちろん美味しくパンを焼けます。しかし、ごく普通のオーブンレンジやトースターでも、ちょっとした工夫を施せば、美味しいパンを食べる方法があるのです。

 バルミューダを購入してみるのも良いですが、その前に一度「冷凍パン」を既存のトースターで焼いて食べてみてはいかがでしょうか。

<文/久原健司

久原健司

1978年生まれ。ITの人材派遣会社やソフトウェア開発会社を経て、2007年に株式会社プロイノベーションを設立。現在は、一般社団法人日本情報技術振興協会(JAPRO)認定講師として企業研修を行ったり、日本一背の高いITジャーナリストとしてwebメディアでも活躍している。

「安物トースターで、2万円トースターより美味しくパンを焼く裏技があった」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    安いトースターで焼くと美味しいパンが焼けない、と思い込んでいる異常さにびっくり。

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!