0

【東京紅葉スポット】アートやグルメも楽しめる「駒沢公園コース」

2018年9月15日 11時31分

今回は、目黒川エリアから等々力渓谷エリアまでの紅葉巡りにおすすめの「駒沢公園コース」をご紹介します。どのスポットも広大なエリアで、散策にぴったりですよ。美術館やカフェなどの周辺スポットもあわせてご紹介しますので、おでかけプランに役立ててみてください。

紅葉を見ながらお散歩「目黒川」の桜並木

「目黒川」は目黒区を流れる全長約8kmの川です。その内、中目黒駅から目黒駅の間3.8kmほどの川沿いにはサクラが多く植えられ、春には花見の名所として人気です。そして秋にはこのサクラの木の、川にしなだれるように色付いた紅葉が魅力。春のお花見とはまた違う趣を観賞できますよ。

田園都市線の池尻大橋駅、東横線の中目黒駅、目黒線の目黒駅と不動前駅など最寄り駅が複数あり、5分以内で行けるためアクセスも便利です。橋も複数かかっていますので、橋の上からの眺めも楽しめるでしょう。

見頃の時期

11月下旬

紅葉おすすめビューポイント

見どころは、川幅が広くなっているところです。川に映る紅葉もぜひ観賞してください。中目黒駅から目黒駅に向かって歩いていくとベストポジションが見つかるでしょう。遊歩道がありお散歩にも最適で、遊歩道の落ち葉もまたキレイです。

料金

川沿いの道のため特別な料金はありませんが、目黒川を有料でクルージングしながら紅葉を眺める方法があります。7,000円~8,000円ほどで参加できるプランなどがありますので、クルーズ情報もチェックしてみましょう。

周辺情報

中目黒駅と目黒駅の間には「目黒区美術館」があります。紅葉観賞の合間に立ち寄るのも良いでしょう。1987年に開館した美術館で、日本作家の近現代の作品などが鑑賞できます。目黒ゆかりの作家の作品に出会えることもありますよ。

美術作品だけに限らず、日常の中にある優れたデザインなどにも注目していますので、いつもとは違う視点から鑑賞できるのも特徴です。

スポット情報

  • スポット名:目黒川
  • 住所:東京都目黒区東山3-1付近から下目黒2-9付近

紅葉のトンネルが有名「駒沢オリンピック公園」

昭和39年に開園した公園です。東京オリンピックの第2会場に使われ、のちに公園として親しまれるようになりました。約41万平方メートルの広大な敷地の中に緑豊かな自然があり、テニスコートや野球場など体育施設も充実しています。

色づき始めの時期

11月上旬

見頃の時期

11月上旬~12月上旬

ライトアップ

例年ライトアップは行われていません。

木の種類

紅葉では、サクラやケヤキ、イチョウ、トウカエデなどの色付いた樹々を眺められます。樹齢50年を超える樹々の雄大さも一緒に味わいましょう。

紅葉おすすめビューポイント

公園内はサイクリングのほか、ウォーキングやランニングにも最適なコースがありますので紅葉を眺めながらのスポーツも良いでしょう。

特におすすめのスポットは、公園管理所口から公園西口の間にあるケヤキ並木と、駒沢通り沿いにあるイチョウ並木です。イチョウ並木はまるで黄金のトンネルのよう。紅葉の季節限定の素敵な雰囲気を味わってみてください。

料金

一部有料の施設はありますが、無料で入園できます。

周辺情報

公園内には休憩したいときに最適なグルメスポットがあります。「Parks駒沢オリンピック中央広場店」と「こまざわコッペ(円形花壇前)」はどちらも2018年にリニューアルオープンしたお店。

「カレーライス(500円)」や「コッペパン(180円~)」など、リーズナブルな軽食を食べられますよ。

また「Mr.FARMER駒沢オリンピック公園店」では、近くの農家で育った野菜を使ったメニューなどを味わえます。野菜たっぷりのサラダなどが選べるでしょう。座席数は135席で、屋根のある席での食事も可能です。

スポット情報

  • スポット名:駒沢公園
  • 住所:世田谷区駒沢公園、目黒区東が丘二丁目・八雲五丁目
  • 電話番号:03-3421-6431

紅葉と常緑樹のコントラストが魅力「砧公園」

昭和32年に開園した公園で、家族で楽しめる場所をテーマに作られました。公園内には「アスレチック広場」や「子どもの森」などがあり、子どもと一緒に遊べるスポットが充実しています。

春夏秋冬それぞれの季節に楽しめる花々がそろっていることも魅力。「バラを観る会」などのイベントも行われています。

色づき始めの時期

11月下旬

見頃の時期

11月下旬~12月上旬

ライトアップ

例年ライトアップは行われていません。

木の種類

秋には、ケヤキ、イチョウ、サクラ、モミジなどの紅葉が楽しめるでしょう。ケヤキは約1,000本の樹々があることも特徴です。

紅葉おすすめビューポイント

公園内には、クスノキやシラカシなどの常緑樹もありますが、これらの樹々と紅葉のコントラストは見どころのひとつ。緑の樹々の中で、モミジの赤色やイチョウの黄色の鮮やかさがより映えるでしょう。

正門付近にあるケヤキ並木はおすすめスポットです。また「ファミリーパーク」では、中央付近のサクラや、吊り橋付近と「チリリン広場」側のモミジなどが観賞できますよ。

料金

一部有料の施設はありますが、無料で入園できます。

周辺情報

「砧公園」の最寄り駅でもある用賀駅から徒歩8分ほどのところには、昔ながらの銭湯「藤の湯」があります。紅葉観賞で歩いた疲れを癒したいときにもおすすめ。天井が高い宮造りで、木のあたたかさを感じられる内装です。

美術作品も飾られているため、アートも楽しめますよ。ジェットバスや備長炭の入ったお風呂など、お風呂の種類が選べることも魅力です。

スポット情報

  • スポット名:砧公園
  • 住所:〒157-0075 世田谷区砧公園1-1
  • 電話番号:03-3700-0414

大自然の中の紅葉を東京で観賞「等々力渓谷」

「等々力渓谷」は東京の23区内ではここにしかない渓谷で、「等々力渓谷公園」として人々に親しまれているスポットです。東京都の指定名勝でもあり、たくさんの自然に囲まれた都会のオアシス。四季折々の自然を眺めることができ、もちろん秋には紅葉も楽しめます。

渓谷内には約1kmの散策路がありますので、のんびりお散歩しながら観賞するのも良いですね。最寄りの等々力駅から徒歩約3分で行けることも魅力です。

色づき始めの時期(等々力不動尊)

11月下旬

見頃の時期(等々力不動尊付近)

11月下旬~12月中旬

ライトアップ(等々力不動尊付近)

例年ライトアップは行われていません。

木の種類

渓谷の斜面にある、ケヤキ、モミジ、ヤマザクラなどの色付く姿が観賞できるでしょう。

紅葉おすすめビューポイント

「等々力渓谷公園」内にある「等々力不動尊」は紅葉観賞スポットのひとつ。渓谷内でも注目の自然豊かな場所である境内にはモミジやサクラがあり、格別と言われる紅葉のおすすめビューポイントです。

「等々力不動尊」と渓谷の間にある石の階段から見る紅葉も、あわせてチェックしてみてください。

料金

無料で入園できます。

周辺情報

「等々力不動尊」には、境内に「四季の花」、隣接する場所に「雪月花」の2つのお休み処があります。ゆっくりと紅葉を観賞した後の休憩場所にも良いでしょう。

それぞれメニューが異なるほか、季節で変わるメニューもあります。冬季には、「甘酒(300円)」や「しょうが湯(200円)」などが味わえますよ。

スポット情報

  • スポット名:等々力渓谷
  • 住所:東京都世田谷区等々力1丁目22番、2丁目37~38番外
  • 電話番号:03-3704-4972

紅葉観賞にぴったりのファッションで出かけよう

今回ご紹介した4つのスポットは、駅から駅までの距離や大きな公園、渓谷内など比較的歩くことの多いスポットでもあります。散策やウォーキング、ランニングなどにもおすすめのため、歩きやすいスタイルで出かけましょう。

動きやすい服装とスニーカーなど、ファッションも工夫しながら紅葉を満喫してくださいね。

紅葉と一緒に楽しむアートやグルメ

紅葉観賞に出かけるときには、周辺スポットもチェックしてプランを立てるのがおすすめです。今回ご紹介した紅葉スポットの周辺には、アートに触れられるスポットやお腹を満たせるスポット、さらにはお風呂に入れるスポットもあります。

プチ旅行気分で紅葉観賞プランを計画してみてはいかがでしょうか。

「【東京紅葉スポット】アートやグルメも楽しめる「駒沢公園コース」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!