0

もう失敗しない!前髪の上手な巻き方

2018年9月16日 09時00分
ふんわりクルっとした前髪は、女性らしくて可愛いですよね。
しかし、前髪を失敗すると、その日1日テンションが下がってしまうもの。
では、可愛く上手に巻くにはどうしたら良いのでしょうか?

そこで今回は、前髪の上手な巻き方をご紹介!

(1)コテ(カールアイロン)で作る方法
『毎朝コテ使って前髪セットしてます』(26歳/受付)

まずはコテを準備します。
前髪をセットする場合は、温度は140~150度がベスト。

あまり温度を高くし過ぎると、変なクセがついてしまうので、少しずつゆるめにかけるようにしましょう。

前髪全体を丸くふんわり仕上げたいなら、真っ直ぐ前に髪をもっていきます。
流したいのならば、流す分け目を作り、流したい方向とは逆に髪をもっていきます。
この時、流したい方向側が下になるように、コテを斜めにすることがポイント。

後は、コテを止めずに髪を引っ張るように巻いていきます。
そして、流したい方向に髪をセットすれば出来上がり!

(2)ストレートアイロンで作る方法
『私はコテよりもストレートアイロンのほうがやりやすいです』(28歳/マーケティング

前髪を流すならば、ストレートアイロンのほうが、慣れれば簡単に決まります。
特に忙しい朝は、ストレートアイロンがおススメ。

まず、温度は170~180度に設定。
流す分け目を作り、そこから少量ずつ髪を取り、流す方向にゆるめの内巻きをかけていきます。
この時も、アイロンは止めずに毛先を内にするように、滑らせることがポイント。

クセ付けが足りない場合は、もう1度同じ手順でしてみて。
ヘアワックスでセットすれば出来上がり!

(3)ドライヤーで作る方法
『顔洗ったあとにささっとできますよ』(31歳/金融)

前髪を流したいけれど、コテやストレートアイロンでは、失敗しそうで不安という場合は、ドライヤーで作れます。

まず前髪を濡らし、流したい方向とは逆の方向に向かって、ドライヤーを当てます。
次に、流したい方向に向かってクシでとかしながら乾かします。
最後に、前髪を真っ直ぐに下ろせば出来上がり!

ふんわり感をもっと出したいならば、カールブラシを使ってセットしていきましょう。

(4)失敗した時は
『朝急いでるときによく失敗します……』(25歳/広告)

前髪のセットで変なクセができてしまった場合、何度も熱を加えてセットし直すのはNG。
髪のダメージにも繋がる上に、結局直せないことがほとんど。
まずは1度髪を濡らして、リセットするようにしましょう。

失敗した部分を濡らし、髪を真っ直ぐにするよう少し引っ張りながらドライヤーで乾かします。
そして、もう1度巻き直し。

失敗した時よりも低い温度で巻き直していくと、失敗が少ないですよ。
少しずつクセ付けしていくように、巻いてみましょう。

----------

前髪を綺麗にセットするのとしないとでは、全体の印象も変わってきます。
ふんわり可愛い前髪になれば、気分もアガりますよね。
簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

「もう失敗しない!前髪の上手な巻き方」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!