0

乳幼児突然死症候群(SIDS)、実は70%が「親の添い寝が原因」!

2014年7月15日 11時30分 (2014年7月18日 11時50分 更新)

添い寝は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の原因トップ(画像はイメージです)

[拡大写真]

生後数か月の赤ちゃんをある日突然襲うことがある、「乳幼児突然死症候群(SIDS)」。受動喫煙から毛布による窒息、うつぶせ寝の危険性まで様々な原因が指摘されてきたが、海外の最新情報によれば7割は「親の不注意による突発的な事故」ということになるそうだ。

あやすと笑うようになり、首もすわり、次はお座りが楽しみ…健康だった可愛い盛りの赤ちゃんが、突然亡くなることくらい悲しいものはない。「乳幼児突然死症候群(Sudden Infant Death Syndrome:以下SIDS)」をご存じの方は多いと思うが、原因は様々だと言われてきた中でこのほど米国で発表された最新調査では、親にちょっとした知識や注意力があれば防げていたと思われるケースが断然多いことが分かった。ちなみに現在は、欧米でも「うつぶせ寝は危険なのでやめましょう」と指導されている。

SIDSに関する最新データとそのリスク要因を発表したのは、米メディア・CBSが擁する医療研究チーム。24州で8,000件にもおよぶSIDSケースの実態調査がなされたという。生後2か月から6か月までの健康だった赤ちゃんをある日突然襲うとされる中、今回わかったことは生後4か月になる手前に発生のピークがあり、その7割が赤ちゃんを自分(たち)のベッド、床に敷いたマット、ソファの上などに寝かせ、大人が隣に眠っている(画像はイメージです)中で起きていたという事実である。

大人が赤ちゃんのすぐそばで眠ることは、スキンシップのようでいて実は極めて危険。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!