4

乳児が母の乳がんを察知 母乳を突然飲むのをやめた息子に命を救われた母(英)

2017年2月28日 08時01分 (2017年3月4日 13時50分 更新)

母乳を吸わなくなった息子のおかげで乳がんが発覚した母(出典:http://metro.co.uk)

[拡大写真]

ある日を境に母乳を飲まなくなった息子を見て、母はふと不安になった。病院へ行っても「異常なし」と言われるばかりだったが、3か月後に乳がんが発覚した。医師も見つけられなかった乳がんを真っ先に察知したのは我が子だった。そのおかげで母は現在治療を受け、命が救われることとなった。英紙『Metro』が伝えている。

母の直感は鋭いというが、子の直感もそれに勝るとも劣らない。英スタフォードシャー州に暮らすサラ・ボイルさん(26歳)が最初に右胸のしこりに気付いたのは2013年の1月だった。GP(一般診療)で診断を受けたところ「良性の嚢胞で問題はない」と言われた。

その後サラさんは、2015年に夫スティーヴンさん(28歳)との間に第1子を授かり、2016年2月に健康な男児テディ君を出産した。母乳育児をしていたサラさんは、テディ君が生後5か月の時に右胸の母乳の出が悪いことに気付いた。

よく見ると右胸だけがなんだか萎んで見える…そう思ったサラさんはヘルスケアアシスタントに連絡を取ったが「よくあることだから特に心配はいらないですよ」と言われただけで終わってしまった。

しかしテディ君が6か月になった時、完全に右胸の母乳を飲まなくなった。姿勢を変えて無理に飲ませようとしてもぐずってサラさんを叩こうとするだけで、右胸の母乳を一切欲しがらなくなってしまったのだ。心配になったサラさんは再度GPへ出向き、ひょっとして嚢胞と関係があるのではないかと医師に訊ねたが、ここでも「問題ない」という返答だった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    最初にかかってた医師がヤブだったんだね(^^;それにしても、母乳の味とか匂いとか劇的にまずくなったのかな?

    7
  • 匿名さん 通報

    最初から生体組織検査をすれば、もっと予後がよかっただろうに。 しかし、たった三ヶ月でここまで大きくなるっていったい何なんだろう。

    4
  • 匿名さん 通報

    絆とか持ち出していい話に仕上げようとすると安っぽくなる。そんなことしなくてもいい話なんだから、ありのまま伝えればいいのに。

    3
  • 匿名さん 通報

    美談で終わらせずに科学的に分析・研究して医学に役立てればいいのでは?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!