0

毎年恒例「玉林犬肉祭り」への批判に沸く中国 江蘇省ではネコ500匹が保護

2017年6月19日 14時00分 (2017年6月23日 12時10分 更新)

ぎゅうぎゅう詰めにされたネコたち(画像は『網易新聞 2017年6月11日付「500多只猫遭诱捕 送饭店前被警方查获」』のスクリーンショット)

[拡大写真]

中国の広西チワン族自治区玉林市で20年ほど前から毎年6月に開催されてきた「玉林犬肉祭り」。この祭りのために殺されるのは1万頭もの犬で、屠殺方法もむごい上に狂犬病患者も多く発生することからこの祭りを禁じるための署名活動などが行われてきたが、中止になったためしがない。夏至に犬肉を食べると病気にならないという言い伝えがあり、すでに伝統行事になっているというのだ。今年もその祭りが開催されるのかと国内外で物議を醸しているなか、江蘇省では食肉処理業者に運ばれる寸前という大量のネコが保護された。『網易新聞(NetEase)』が伝えている。

500匹以上のネコが食肉処理工場に向かって運ばれていたのは江蘇省鎮江市で11日のこと。「飼い猫が誘拐された」との通報で捜索にあたっていた警察が不審なトラックを発見して呼び止めたところ、荷台には動物を運搬するためのケージが何台も積まれていた。ぎゅうぎゅう詰めにされたネコたちは脱水症状が強く、圧迫された状態ゆえに窒息寸前であった。車を運転していたSunと名乗る男は警察に「カゴの鳥でネコをおびき寄せた」と話し、大量のネコがいる小屋についても供述した。しかし蒸し暑さが原因か、ネコたちはすべて瀕死の状態であったという。

家庭の飼いネコ、野良猫を次々とさらっては地元の飲食店に運び、1匹あたり30人民元(約490円)の値で売りつけていたというSun。商売歴が長いこともわかったが、その行為に対し刑事告訴が行われたかどうかは明らかにされていない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!