0

トランポリンで3歳児が骨折 「6歳未満の子に遊ばせないで」母親が注意呼びかけ(米)

2017年7月17日 18時06分 (2017年7月22日 16時08分 更新)

骨折した3歳男児(左下)とその家族(画像は『Kait Ellen 2017年4月25日付Facebook』のスクリーンショット)

[拡大写真]

子供たちが大好きなトランポリンだが、この遊具で怪我をする事故が年々増加しているという。このほど3歳の息子を喜ばせようと、母親がトランポリン・パークへ連れて行ったところ悲劇が起こってしまった。米『CBS News』や英『The Independent』などのメディアが伝えている。

米フロリダ州に暮らす2児の母ケイトリン・ヒルさんは6月25日、タンパにある屋内トランポリン・パークへ、コルトン君(3歳)を連れて行った。両親が見ていたすぐ横の幼児用トランポリンで楽しく遊んでいたコルトン君だが、その後悲劇が起きた。

コルトン君はトランポリンから落ち、大腿部を骨折してしまったのだ。ケイトリンさんは、息子を運んだ先の病院の医師に「6歳未満の子供にはトランポリンをさせてはいけない」と忠告され、大きなショックを受けた。幼い子供にとってトランポリンは不適切ということを全く知らなかったケイトリンさんは、病院で痛みに泣きながら腰からアキレス腱部分までギブスで固定されているコルトン君の写真をFacebookに投稿し、このように綴っている。

「整形外科医から、成長過程の骨は非常に繊細でジャンプによって繰り返し圧力がかかるとヒビが入ることもあると言われ、衝撃を受けました。思いもよらなかったことで息子が怪我をしてしまい、私の人生はひっくり返ってしまいました。息子はこれから6週間もギプスを装着しなければなりません。トランポリンによる小さな子供の事故で、本人や家族が悲痛な思いをしてトラウマになってしまうことを防ぐためにも、世間のみなさんに『幼児用の遊ぶ施設であっても6歳未満の子供には絶対にトランポリンをさせてはいけない』ということを伝えたいのです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!