0

ついに大学が「性教育」に乗り出した 中国・湖北省で若年層エイズ急増を受けて

2017年10月2日 19時45分 (2017年10月7日 15時41分 更新)

中国の大学生、性教育学に真剣(画像は『人民网 2017年9月28日付微博「【武汉一高校性教育选修课5秒钟被抢光 有学生站教室外蹭课】」』のスクリーンショット)

[拡大写真]

中国の若年層でエイズ患者が増加していることをご存じであろうか。すべては正しい性の知識、教育が不足しているからである。やや遅いと言わざるを得ないものがあるが、このほど中国・湖北省のある大学が性教育に真剣に取り組み始めたもよう。学生たちの反応はすこぶるよく、今やその大学の人気No.1講座になっていることを『武漢晩報(Wuhan Evening News)』などが伝えている。

若者がHIVウイルスに感染し、奔放な性生活を楽しむことでそれが拡散してエイズ患者が増える。中国ではエイズ患者の1.6%が学生で、過去5年で40%近く増加したことになるそうだ。同ウイルス感染者数で中国ワースト1という四川省では、西南石油大学が構内の自動販売機でHIVウイルス簡易検査キットを販売して世界の人々を驚かせている。学生たちは缶ジュースを買うような気軽さで市販より安い価格で検査キットを買うといい、この取り組みにはほかの大学からも注目が集まっているもようだ。

そんななか、新たな学問として性教育のクラスを設けたのが湖北省の武漢理工大学華夏学院(Wuhan University of Technology Huaxia College)であった。その名称は『Sexual Health and Culture(性的健康と文化)』。大学生が受講する以上、基本的な性の知識を文化論に絡めたハイクオリティな講義内容に発展していくのであろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!