0

米医療保険制度に物申す! 有名司会者ジミー・キンメル氏、心臓病の息子が再手術に成功

2017年12月6日 18時33分 (2017年12月10日 17時21分 更新)

ビリー君の出産を控えていた頃のジミー・キンメル夫妻

[拡大写真]

旬のセレブを迎えては楽しいインタビューを繰り広げるABCの深夜の人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!(Jimmy Kimmel Live!)』。2003年1月からのロングラン番組でホストはもちろんコメディアンとしても活躍するジミー・キンメル氏である。彼は今年、実は私生活に大きな苦悩と不安を抱えながら仕事を続けていた。4月、男の子が先天性の重い心疾患を伴って誕生していたためだ。生後間もなくの手術を経てこのたび再びの手術が行われたもようだ。

1988年から2002年まで結婚生活が続いたジーナさんとの間に2人の子があり、2013年に再婚したモリー・マクナーニーさんとの間にも2人の子が誕生したジミー・キンメル(50)。しかし、今年4月にロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ・メディカルセンターで誕生したビリー君には心雑音が発見され、心室中隔欠損症と肺動脈弁閉鎖症が伴った「ファロー四徴症極型」との診断が下された。生後わずか3日という本当に小さな体でロサンゼルス子供病院(Children’s Hospital Los Angeles)で一回目の手術が行われ、それを無事に乗り越えたビリー君についてキンメル氏は涙で声を詰まらせながら経過を報告していた。

そのビリー君も生後7か月となり、当初から計画されていた2回目の手術が現地の4日に行われたもよう。息子の病気を公表したことで人々からたくさんの励ましの声が届き、職場からの理解も得られていることからキンメル氏も今回はしっかりとした表情で病院入りしたとハリウッドのメディアが伝えている。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!