5

「障がい者に見えないから」 空港スタッフ、難病を抱える女性の介助を拒否(英)

2018年1月12日 06時00分

複数の遺伝子疾患を抱える女性、空港スタッフから酷い仕打ち(画像は『BBC News 2018年1月4日付「Stansted Airport staff told me I ‘don’t look ill enough’ to be disabled」』のスクリーンショット)

[拡大写真]

目に見えない障がいを抱える人は周囲の理解を得ることが困難であることが多く、日々葛藤している。このほど英ロンドンに暮らす女性が事前に介助リクエストを入れて航空券の予約をしたにもかかわらず、空港でひとりの女性スタッフに酷い仕打ちを受けた。『BBC News』『The Independent』など複数の英メディアが伝えている。

ロンドン東部に住むナタリー・オールポート=グランサムさん(23歳)は、フランス人の恋人と一緒に彼の家族を訪れるためロンドン・スタンステッド空港からニース行きの12月31日の便を11月5日に予約した。

ナタリーさんは、慢性的な痛みがあり関節が脱臼しやすいため行動が制限される遺伝性疾患「エーラス・ダンロス症候群」と、立位へ体を動かした際に心拍数が上昇し失神や激しい眩暈を生じる「体位性頻脈症候群(Postural orthostatic tachycardia syndrome、POTS)」、先天異常による結合組織病の「マルファン症候群」を抱えている。見た目には非常にわかりにくいこれらの遺伝性疾患を持つ彼女は普段、公共交通機関を利用する時には障がい者カードを携帯し、遠くまで歩くことが困難なため車椅子を使用している。そこで今回もアイルランドの格安航空会社「ライアンエアー」の航空券予約時に、スタッフの介助が必要であることを添えた。

介助の事前予約時には「自身の車椅子を持ってくる必要はない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「障がい者に見えないから」 空港スタッフ、難病を抱える女性の介助を拒否(英)」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    見た目が明らかに障害者に見えない時、病名・病状内容が記載された顔写真付き手帳を携帯して、いつでも即座に手帳を見せられる様にした方が双方が楽です

    22
  • 匿名さん 通報

    性善説を、人間の良心を利用して「障害者」という葵の御紋を振りかざす悪質なのもいますからね、特に取り巻きの方、おっとお犬様だくわばらくわばら・・・・。

    12
  • 匿名さん 通報

    この手のスタッフ対応って上司に多いね。それが直接その上に行くから(上司の意見しか聞こえない)下っ端は迫害される。目に見えないパワハラもありますよね。今回は男性スタッフがまともでよかったね。

    10
  • 匿名さん 通報

    所詮、英国だから。差別の本場ww米国の人種差別は英国から由来する。

    10
  • 匿名さん 通報

    英国人の客に対する態度は中国人より酷いよ。五つ星ホテルでも態度悪い。もう二度と行かない。

    10
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!