0

元・郡保安官代理、義理の息子を射殺(米)

2018年2月22日 15時00分

元保安官の人生すべてが「完璧」ではなかった(画像は『AJC.com 2018年2月19日付「Retired Florida deputy fatally shot son-in-law, investigators say」』のスクリーンショット)

[拡大写真]

父親が犯罪を捜査し、犯人を逮捕する職業に就いていながら娘は前科ある者と恋愛し、結婚して子もなした。その夫婦が離婚裁判に直面していることを知り、父親はなんと義理の息子を銃殺。孫から父親を奪ってしまった。長年にわたり市民の信頼を集めていた元・保安官代理を殺人という重犯罪に駆り立てたものとは…。『Palm Beach Post』ほか米フロリダ州のメディアが続々と伝えている。

今月19日に娘の夫を射殺した疑いで逮捕され、第一級殺人罪に問われているのは米フロリダ州パームビーチ郡アクリエージのカールトン・ネバーガル・ジュニア(61)。同郡ランタナ警察署に1981年から4年ほど勤務し、2012年に退職するまでは27年にわたりパームビーチ郡保安官代理として勤めた人物であった。

ポンド・サイプレス・ナチュラル・エリアに近いメロー・コートの自宅で射殺されたカールトンの娘の夫ジェイコブ・ロッジ(36)は、勤務先の会社で窃盗を働いたことから逮捕され、一貫して容疑を否認しているが2019年5月までは保護観察の身であった。カールトンの娘は2013年にジェイコブと結婚し、9歳と5歳の息子をなしたが先月に離婚を申請。不満を抱くジェイコブにより裁判に持ち込まれていた。弟であるクリント・ロッジさんは「兄夫婦は約10年にわたり愛憎が交錯する危うい関係でした。兄は義理のお父さんとも険悪な雰囲気でした。決して完璧な人物ではないけれど、殺されるほど悪者ではないです」と兄に代わり強い憤りを示している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「元・郡保安官代理、義理の息子を射殺(米)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!