0

34日に記録更新 麻薬を飲み込んだ密売人、拘置所で意地でも排便せず(英)

2018年2月22日 21時57分 (2018年2月27日 12時31分 更新)

その後も便秘を続けていた麻薬密売の容疑者(画像は『Graphic Online 2018年2月21日付「Suspected drug dealer goes 34 days without taking a poo」』のスクリーンショット)

[拡大写真]

ヒトはどれほど長く意図的な便秘の状態を保てるものなのか。こちらで今月11日、逮捕されるも麻薬を飲み込んで証拠隠滅を図ったとみられる密売人が、意地でも排便せず警察を困らせている(【海外発!Breaking News】 麻薬を飲み込んだ密売人、意地でも排便せず拘置所で3週間便秘(英))というイギリスの話題をお伝えしていた。その後どうなったかというと…!?

逮捕の瞬間に飲み込んだと見られるドラッグ入りの袋。英エセックス州のハーロウで1月17日、24歳の麻薬密売人ラマー・チャンバーズ(Lamarr Chambers、24)が逮捕されたが、留置場でも拘置所でも彼は決してトイレで「大」をしない。予備審問が控えているにもかかわらず便秘は21日間にもわたり、証拠の品を得られず警察が困り果てていることが10日ほど前に大きく報じられた。

「起訴されまい」という容疑者の忍耐力や根性にも驚くが、健康衛生上ヒトの胃腸はどれほどの期間の意図的な便秘に耐えうるものなのか。袋が破裂する可能性も考え、早く手を打った方が良いとの声もあがっていた。そんななか現地メディアの『Essex Live』によれば19日、チャンバーズはついにチェルムズフォード治安裁判所に初出廷した。しかし病院からの便検査結果について尋ねられた検察側は、「何ら有益な物質を病院に提出できていない」としてあと5日間の拘置許可を懇願するしかなかった。最新情報によれば便秘はついに連続34日間を記録し、これはイギリスの拘置所でも例のない長さであるそうだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!