0

「マクドナルドで会おう」という名のヘアカット 校則で禁止に(英)

2018年2月24日 04時00分

“Meet me at McDonald’s”ヘアの少年(画像は『Metro 2018年2月22日付「What is a ‘Meet me at McDonald’s’ haircut?」(Picture: Twitter)』のスクリーンショット)

[拡大写真]

イギリスの学校で、ある髪型が禁止となって物議を醸している。レトロ感漂うその髪型は“Meet me at McDonald’s(マクドナルドで会おう)”と呼ばれており、校長から「違反者は登校を禁止する」という警告が出されたようだ。英メディア『Metro』『The Sun』などが伝えている。

11歳から16歳までの子供たちが通うノーフォークのグレート・ヤーマス・チャーター・アカデミー(Great Yarmouth Charter Academy、以下GYCA)で今月中旬、バリー・スミス校長から保護者宛てに手紙が配布された。その内容は生徒の髪型に言及したもので、校内で容認できない7つの髪型が記載されていた。

モヒカン、髪にラインを入れること、長すぎる髪を禁止するといった項目の中で、保護者から特に注目を集めたのが、“Meet me at McDonald’s”ヘアカットで、違反者は今月26日までに髪型を整えない限り登校を禁止、または他の生徒から隔離するという厳しいものであった。

では“Meet me at McDonald’s”ヘアカットとはいったいどんな髪型なのか?

『Metro』によると名前の由来は定かではないが、サイドは刈り上げ、前髪とトップは長く、パーマでボリュームを出したかのように仕上げられたスタイルのようだ。

スミス校長は「ほとんどの生徒が校則を守っていますが、一部違反者が見られることは残念なことです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「マクドナルドで会おう」という名のヘアカット 校則で禁止に(英)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!