0

メーガン・マークルさんのお騒がせ異母姉、またトラブルで病院へ

2018年5月17日 14時06分

メーガンさん、挙式まで心休まらず?(画像は『Kensington Palace 2018年4月25日付Instagram「On #ANZACDay we remember the servicemen and women of the Australian and New Zealand Army Corps who have served their nation in times of war.」(PA)』のスクリーンショット)

[拡大写真]

ヘンリー王子との挙式を19日に控えている元女優のメーガン・マークルさんだが、直前にしてまたもやアメリカの親族によるドタバタ劇に苦しめられている。異母姉と組んでパパラッチを呼びよせてのヤラセ撮影を繰り広げた実父は、心臓手術を受けたばかりで結婚式には欠席となるもよう。そして曲者の異母姉も…!?

挙式を前に英王室との最後の打ち合わせに余念がない中、アメリカにいる異母姉の妙な画策や父親の体調不良に不安や苦悩も多いメーガン・マークルさん。婚約時にも「由緒ある英王室に嫁ぐだけの身分や資質か」と批判の声が高かっただけに、「これ以上恥をかきたくない、アメリカの親族はどうか静かにしていて」と願う彼女のストレスは計り知れないものがある。

そんななか、メーガンさんの17歳年上の異母姉サマンサ・マークルさんがまたしてもパパラッチ絡みのトラブルを訴え、現在フロリダ州の病院にいるとのこと。捻挫と膝の骨折で病院の救急医療室に運ばれたことを米芸能情報サイト『TMZ』が独占的に報じた。その情報の提供者はサマンサさんのボーイフレンドで、該当のパパラッチは現場から逃走。彼は以下のように伝えたという。

「フロリダ州でサマンサを乗せた車を運転していたところパパラッチに追いかけられ、フロント側に回ってきたパパラッチに危険を感じて左に急ハンドルを切ったため、車がコンクリートの中央分離帯に衝突してしまった。そのはずみでサマンサはフロントガラスにぶつかり転倒。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「メーガン・マークルさんのお騒がせ異母姉、またトラブルで病院へ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!