1

エリザベス女王とカミラ夫人、メーガン妃への気遣いが話題に

2018年5月23日 19時17分

エリザベス女王達の思いとは…(画像は『The Royal Family 2018年3月20日付Instagram「This morning, The Queen visited the @royalacademyarts to open the new Burlington Gardens building and mark the Academy’s 250th anniversary.」』のスクリーンショット)

[拡大写真]

ヘンリー王子との挙式を無事に終え、サセックス公爵夫人となったメーガン妃。王子との交際発覚から婚約成立に至るまで「エリザベス女王は2人の結婚を認めないのではないか」「カミラ夫人はアメリカ人であるメーガンさんを好きではない」などといった憶測も広まったが、実際に女王と夫人はどのようにメーガン妃を王室に迎え入れたのか。

ヘンリー王子の婚約が近い!」

そう報じられてから‟可か不可かを決める一番の難関”とされた王子の祖母エリザベス女王は、「メーガンを妻に迎えたい」とする王子にあっさり許可を出したと言われている。バツイチ、外国出身の女優でアフリカ系の血を引くメーガン妃だが、実はヘンリー王子とエリザベス女王は昔から大変仲が良く、女王は王子を決断を信用。かねてからチャリティにも熱心だったメーガン妃に対し、良い印象を受けたもようだ。王室専門家ケイティ・ニコールさん(Katie Nicholl)も、このように語っている。

「複数の情報筋に話を聞きましたが、エリザベス女王は初めから『孫ヘンリーの人生にポジティブな影響を与えてくれる女性』と感じていたそうです。そして『彼女が孫をとてもハッピーにしてくれた。孫をしっかりとサポートしてくれている』ともね。」

ちなみにエリザベス女王と同様「実は結婚に反対なのでは」と噂されたのは、ヘンリー王子の父チャールズ皇太子の後妻、カミラ夫人である。カミラ夫人とチャールズ皇太子は若い頃から恋仲で、タイミングを含む諸々の事情で別の相手と結婚したものの、ダブル不倫を続行。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「エリザベス女王とカミラ夫人、メーガン妃への気遣いが話題に」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    良かったですね❗

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!