5

山火事を引き起こした15歳少年に裁判所、40億円の支払い命令(米)

2018年5月25日 14時11分

昨年のオレゴン州の山火事で少年に40億円の支払い命令(画像は『Metro 2018年5月22日付「Boy, 15, who started devastating wildfire is fined $36million by judge」(Photo: AP)』のスクリーンショット)

[拡大写真]

米オレゴン州のコロンビア・リバー・ゴージで昨年9月、当時15歳だった少年が花火を森に投げ放ったことから莫大な損害を生じる山火事を起こした。その裁判がこのほど行われたが、少年には日本円にして40億円もの支払い命令が下された。『OregonLive.com』『abc13 News』『Metro』などが伝えている。

ワシントン州バンクーバーに住む当時15歳だった少年(未成年のため名は公表されず)は、2017年9月2日に美しい自然が広がるオレゴン州コロンビア・リバー・ゴージのイーグル・クリークの森に2つの花火を投げ捨てた。火はたちまち山全体に広がり、48,000エーカー(約194平方キロメートル)を焼失した。152人が山道で身動きが取れなくなり、道路や鉄道、シーズン真っ最中の観光客で賑わう美しい景勝地の損害額は約1,350万ドル(約15億円)にも上り、消火活動には2,000万ドル(約22億円)の費用を要した。

今年の2月に罪を認めた少年には、5年間の保護観察および1920時間の地域奉仕活動命令が下されていたほか、山火事に巻き込まれた152人と各公的機関らに謝罪文を書くよう命じられていた。そして5月21日にフッドリバー郡巡回裁判所で行われた裁判では、米国林野局やオレゴン州運輸省を含む9つの機関の申し立てが認められ、少年には3,661万8,330.24ドル(約40億円)の損害賠償支払い命令が言い渡された。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「山火事を引き起こした15歳少年に裁判所、40億円の支払い命令(米)」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    うん、息子を気遣いながらも非はちゃんと認めさせる。いい母ちゃんだね。

    15
  • 匿名さん 通報

    スーパースターになれば余裕で返せる。アメフトか、ハリウッドか、、。あり得ないことではない。

    7
  • 匿名さん 通報

    アメリカでは遭難者の捜索費は全部本人に請求される。一時間あたり10万ドル。

    5
  • 匿名さん 通報

    日本も此れくらい、しないとね❗

    3
  • 匿名さん 通報

    日本も少年法の見直しをして欲しい。 流石アメリカ合衆国。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!