0

呼吸困難に陥った搭乗客の飼い犬 CAが酸素マスクで迅速に救助(米)

2018年7月11日 21時47分

乗客の飼い犬、酸素マスクで命を救われる(画像は『ABC News 2018年7月9日付「Plane crew comes to rescue of dog with oxygen mask for flight」(Michele and Steven Burt)』のスクリーンショット)

[拡大写真]

近年は複数の航空会社で犬が別の都市に運ばれたり、機内で死亡したりとペットに関する不祥事が絶えず、搭乗客らが不信感を抱いてしまう事態が相次いでいる。しかし米格安航空会社「ジェットブルー(JetBlue)」では、このほど客室乗務員が機内にいた犬の命を救ったという。『ABC News』『Metro』などが伝えている。

7月5日、ミッシェル・バートさんはフロリダ州からマサチューセッツ州へ向かうジェットブルーの機内にペットのフレンチ・ブルドッグ“ダーシー”(3歳)をクレート(プラスチック製のキャリーケース)に入れて搭乗した。

しかし離陸後、しばらくしてダーシーが苦しそうにし始めた。ミッシェルさんはダーシーの舌が紫色に変わって呼吸困難に陥っていることに気付き、クレートから出した。その様子を偶然目にした客室乗務員(CA)のレナウド・フェンスターさんとダイアンさんは、すぐに対応しダーシーの救助に尽力した。後に投稿されたミッシェルさんのFacebookによると、CAは低酸素症になったダーシーのために、酸素マスクを使って救助を試みてくれたそうだ。ミッシェルさんがCAから手渡された酸素マスクをダーシーに装着すると、数分以内に回復の兆しを見せたという。ミッシェルさんはFacebookでCAの迅速な対応と気配りに感謝し、このように綴った。

「レナウドさんとダイアンさんは犬の命を救ってくれました。たかが犬だから―とその命を軽く見る人も中にはいますが、私はそうは思いません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「呼吸困難に陥った搭乗客の飼い犬 CAが酸素マスクで迅速に救助(米)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!