0

緊急通報ナンバーに「ミルクを買ってきて」 迷惑コールをし続けた90歳女(英)

2018年7月18日 19時29分

160件以上の迷惑コールをした女、反省見せず(画像は『Metro 2018年7月16日付「Pensioner called 999 and demanded they bring her milk」(Picture: NCJ Media)』のスクリーンショット)

[拡大写真]

緊急通報を受けるオペレーターにとって、緊急事態ではない通報ほど迷惑なものはなく業務妨害に他ならない。このほど4か月にわたり160件以上の迷惑コールを緊急通報ナンバー「999」にかけたイギリスの老女が逮捕され、裁判所に出廷した。『Metro』『Daily Record』などが伝えている。

イギリス北東部ノースタインサイドのウォールセンドに住むリーナ・テイラー(90歳)は、今年1月1日から4か月間にわたって緊急通報ナンバー「999」や999ほど緊急を要しない時の通報ナンバー「101」へ電話していた。そして必要がないにもかかわらず医療介助や救急車出動を要請したり、「自傷行為をする」「家を全焼してやる」などと脅迫し、166件もの迷惑コールを行った。中には「ソーシャルサービスの職員が来るまで待っていられないから、あんたがミルクを買ってきて」と要求する電話もあり、さらに複数にわたってオペレーターに「クソったれ!」「人でなし!」などと罵詈雑言を浴びせていたのだ。ジェームズ・ロング検察官によると、リーナは1件の事柄に対して複数の通報をしていたため、結果的には166回以上の迷惑コールをしたことになるという。

ノースタインサイド治安裁判所で行われた裁判では、リーナは悪質な通信犯罪を認めたが、バーナード・ベグリー判事の「迷惑コールにより、999が受ける大きな影響に気付いているか」という質問に対しては「救急サービス側が悪いんであって、私は悪くない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「緊急通報ナンバーに「ミルクを買ってきて」 迷惑コールをし続けた90歳女(英)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!