1

1日40本のタバコを吸う2歳児 またもやインドネシアで

2018年8月19日 04時00分

1日40本のタバコを吸う2歳男児(画像は『Metro 2018年8月15日付「Boy, 2, with 40-a-day cigarette habit after getting hooked from butts on the street」(Picture: ViralPress)』のスクリーンショット)

[拡大写真]

わずか2歳にもかかわらず、慣れた手つきでプカプカとタバコを吸うインドネシアのアルディ・リザル君を覚えているだろうか。当時、世界中のメディアで「幼い男児の喫煙姿」が取り上げられ話題になったが、アルディ君はその後禁煙と減量に成功し、現在は元気に学校生活を送っているようだ。しかし喫煙率が高いインドネシアでは子供の喫煙も多く、このほど別の2歳の男児の喫煙姿を『Metro』『Mirror』などが伝えている。

インドネシアの西ジャワ州スカブミに住むラピ・アナンダ・パムンカス君(Rapi Ananda Pamungkas、2歳)は現在、1日に40本のタバコを吸っている。

ラピ君の母マーヤティさん(Maryati、35歳)と父ミスバフディンさん(Misbahudin、40歳)は露店で食べ物を売りタバコの販売もしているが、その店先でラピ君が拾っていた吸い殻に少年らが火をつけたことがきっかけとなり、ラピ君はわずか数日間でニコチン中毒に陥りタバコを止められなくなってしまった。

行き交う買い物客らに、ひっきりなしにタバコをせがむ小さなラピ君の姿を見た通行人らは、最初ラピ君が冗談でやっていると思っていたようだ。しかし現地で“meroko(メロコ)”と呼ばれるタバコがもらえないとわかると、ラピ君は誰に対しても攻撃的になりひどい癇癪を起こすという。母のマーヤティさんは、喫煙癖がついた2歳の我が子のことをこのように話している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「1日40本のタバコを吸う2歳児 またもやインドネシアで」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    日本の現状と全く同じだね。 いや、この子が日本の喫煙者と瓜二つという意味で。 虚ろな目、やめられないタバコを悩みもしない。 だが大きく違うのは、子供は再生能力が高いからこの子はやめれば助かるだろう。

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!