0

『赤毛のアン』シリーズのギルバート役、ジョナサン・クロンビーが48歳で死去

2015年4月21日 10時52分 (2015年4月23日 11時36分 更新)

ジョナサン・クロンビー

[拡大写真]

L.M.モンゴメリーの長編小説をベースにカナダ/アメリカ合作で製作され、世界中のファンに愛された1985年のTV映画『赤毛のアン』。同作と続編2作からなる三部作で主人公アンのパートナー、ギルバート・ブライス役を演じて人気を博したカナダ人俳優ジョナサン・クロンビーが、去る15日、脳出血で亡くなったことがわかった。享年48歳だった。


【関連記事】タイムマシンde過去ドラマ『アボンリーへの道』


英Digital Spyによると、訃報はジョナサンの姉のキャリー氏がカナダ放送協会(CBC)のニュース番組の取材に対して明らかにされた。ジョナサンは脳出血の合併症により、ニューヨークで亡くなったという。キャリー氏は「この数日間、私たちは色々な思い出話を交わしました。ジョナサンはユーモラスで優しく、お芝居や歌、ダンスを心から愛した人でした。子供の頃はブロードウェイ・ミュージカルなどが大好きで、いつも居間で歌ったり踊ったりしていました」と在りし日の弟を偲んだ。


ジョナサンはトロント市長やカナダ連邦内閣の大臣を務めた政治家を父に生まれたが、高校生の時に学校劇『オズの魔法使い』に出演中、『赤毛のアン』のキャスティング・ディレクターに見出され、芸能界入りを果たした。同作および1987年の続編『続・赤毛のアン/アンの青春』、2000年の最終作『赤毛のアン/アンの結婚』の三部作を通してアン(ミーガン・フォローズ)の学友から恋人、そして夫役までを好演し、ユーモラスで素朴なギルバート役は彼のはまり役となった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!