0

ジョージ・タケイ、戦時中の日系人強制収容所に言及したドナルド・トランプに反論

2015年12月13日 01時25分 (2015年12月14日 01時22分 更新)

戦時中の日系人強制収容所に言及したドナルド・トランプに反論したジョージ・タケイ



60年代から80年代にわたって放映された『スター・トレック』シリーズでヒカル・スールーを演じた日系人俳優のジョージ・タケイが、第二次世界大戦中の日系人強制収容所に言及した米大統領選挙への出馬を目指す不動産王ドナルド・トランプを批判した。



タケイは2012年、トランプが司会を務めていた米リアリティ番組『アプレンティス/セレブたちのビジネス・バトル』に出演したが、「解雇」されたことがある。  



タケイは少年時代、アーカンソー州に設置された強制収容所で4年間をすごしただけに、トランプの最近の発言には深い怒りを感じている。



トランプは先日、米『Time』誌とのインタビューで、1941年に日本がハワイの真珠湾を攻撃して太平洋戦争が始まった際、アメリカが10万人以上の日系人を強制収容所に連行したことに触れ、これを支持していただろうと語った。



カリフォルニア州生まれのタケイはこのコメントに反応。Facebookでトランプに反論した。



「トランプさん、ジョージ・タケイです。『アプレンティス』でクビになったあのタケイです。覚えてますか?」



「あなたは大統領選挙を目指していますが、発言のいくつかで大勢の人が心配しています。発言したという事実だけではなく、同意するようなアメリカ人の数にも不安を感じています。あなたは最近、『Time』誌で第二次世界大戦中の日系人の強制収容を支持していただろうと発言しましたよね」



「『つらい』ことだが、そこに行かざるを得なかったと言いましたね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!