0

『モダン・ファミリー』アリエル・ウィンター、減胸手術跡を隠さず授賞式へ

2016年2月2日 13時40分

A・ウィンター「手術を恥じてない」(出典:https://twitter.com/arielwinter1)

[拡大写真]

大人気テレビシリーズ『モダン・ファミリー』でお馴染みの女優アリエル・ウィンター(18)は、巨乳に悩んだ末に減胸手術に踏み切った。その彼女がこのほど「全米映画俳優組合賞」授賞式に登場し、「傷を隠していない」と話題になった。

人気ティーン女優アリエル・ウィンターは、15歳の時に胸が巨大化。大きくなり続ける胸に注目が集まり女優業を評価されぬこと、またデブと批判されることに苦悩して昨年、減胸手術に踏み切った。

そのアリエルが、このほど開催された「全米映画俳優組合賞」授賞式に登場。胸元を強調したセクシードレスに注目が集まると同時に、ドレスからはみ出した手術跡が話題になった。それにつき、アリエルは以下のようにツイートしている。

「傷を隠さなかったのには、理由があるの! 傷は私の一部だし、まったく恥ずかしいと思っていないわ。」

ちなみに術後、アリエルは「結果に満足している」とコメント。『PEOPLE』の取材にこう語っていた。

「整形手術は、これが最初で最後になると思う。でも(手術を受ける)決断を下したことは、すごく嬉しく思っているの。」
「こういう話をするのって、大事なことよ。だって私のように悩む女の子は絶対にいるから。恥ずかしいことじゃないわ。」

減胸手術を受けるセレブは意外に多く、ドリュー・バリモア、クィーン・ラティファ、ミミ・ロジャースらも胸を小さくする手術を受けている。

出典:https://twitter.com/arielwinter1
(TechinsightJapan編集部 洋子アンダーソン)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!