0

『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』シーズン9、9月22日(金)より日本初放送!

2017年9月14日 21時10分 (2017年9月17日 11時04分 更新)

『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』シーズン9

[拡大写真]

言わずと知れた人気ドラマ『フレンズ』以来、久しぶりに男女間の友情や恋をテーマにして全米をはじめ世界各国で大ヒットしているコメディ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』のシーズン9が、スーパー!ドラマTVにて9月22日(金)より日本初放送となる。


全米視聴者ランキングで首位争いを繰り広げるほど広く支持を集めている本作は、本国アメリカではこの秋よりシーズン11が放送開始となり、シーズン12の製作もすでに決定済。さらには、シェルドンの子供時代を描くスピンオフ『Young Sheldon(原題)』が今月25日にスタートと、その勢いはとどまることを知らない。


このシーズン9にも過去シーズン同様、豪華ゲスト俳優が多数登場。第7話には、『スタートレック』シリーズのスポック役でおなじみのレナード・ニモイの息子アダム・ニモイが、ドキュメンタリーを撮る設定で本人役で出演するほか、『新スタートレック』のウェスリー・クラッシャー役で知られるウィル・ウィートンが引き続き本人役で出演。また、シーズン2に本人役で出演していたアナリー・ティプトン(『きみといた2日間』『ヴァイラル』)が今回はヴァネッサ・ベネットという新たな役で再登場。そして、エイミーのデート相手のデイヴを演じるのは、『ザ・オフィス』英米版を手掛け、『LOGAN/ローガン』などで俳優としても活躍するスティーヴン・マーチャント。シリーズ通算200話目となる第17話では、レナードの母ビバリー役のクリスティーン・バランスキー、実験物理学者レズリー・ウィンクル役のサラ・ギルバート、本人役のウィル・ウィートンが再び姿を見せる上に、『バットマン』TVシリーズの主役として知られるアダム・ウェストが初登場となる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!