0

『それいけ!ゴールドバーグ家』ジャクソン・オデル、20歳で死去

2018年6月13日 18時00分

80年代の家族を描いたファミリーシットコム『それいけ!ゴールドバーグ家』のアリ・コールドウェル役で知られるジャクソン・オデルが20歳という若さで亡くなった。英Digital Spyなど複数のメディアが伝えた。


【関連記事】笑って泣ける!話題の最新ファミリーシットコム『それいけ!ゴールドバーグ家』の魅力とは?


TMZによると、ジャクソンは入居していたロサンゼルスにある依存症のリハビリ施設にて意識不明の状態で発見され、警察では事件性がないとみているという。ジャクソンの遺族は以下のように声明を発表。


「オデル家は私たちの最愛の息子であり兄弟だったジャクソン・オデルを失ってしまいました。彼はいつまでも輝く光であり、愛と才能に溢れた魂であり続けるでしょう。彼にはもっと伝えるべきことがありました。私たち家族は、その真実とともに生きていきます。みなさんの胸にも彼が生き続けることを願っています。今はただ、ひそかに、この計り知れない喪失を受け入れようと思います」


『モダン・ファミリー』でジャクソンと共演したアレックス役のアリエル・ウィンターはSNSに彼への追悼メッセージを投稿。「ジャクソン・オデルが亡くなったことを聞いて打ちのめされているわ。私は彼が12歳の頃から知っていて、『モダン・ファミリー』では共演もした。高校生くらいの歳になってからはお互いあまり話さなくなったけれど、彼がなくなる前に一緒に過ごすことができてよかった...。誰かが亡くなる話を聞くのは本当に辛いことだけど、こんなに若い人の場合はとりわけ悲しい。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『それいけ!ゴールドバーグ家』ジャクソン・オデル、20歳で死去」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!