0

Netflix初のオーストリア産ドラマは、あの偉人をめぐるスリラー!

2018年7月13日 17時00分

英語圏以外の作品にも力を入れているNetflixが、初となるオーストリア産ドラマシリーズ『Freud(原題)』を製作することが明らかとなった。同国の精神分析学者として有名なジークムント・フロイトを主人公にした作品になるようだ。米Deadlineが報じている。


【関連記事】【まとめ】2018年 Netflixで配信される新作海外ドラマ17選


物語の舞台は、精神分析学の創始者であるフロイトの革新的な理論が、彼の同僚や社会から反発を引き起こしていた1886年のウィーン。元軍人の警察官アルフレッド・キッスと悪名高き霊媒師フルール・サロメと出会ったフロイトが、無意識のうちに連続殺人鬼を追い詰めていくスリラー作品だ。歴史ドラマだがモダンでセクシー、サスペンスに満ちた現代的なスタイルで、フロイトの人生が綴られるシリーズになるという。


8話構成の本作でメガホンを取るのは、オーストリア出身で『ABC・オブ・デス 2』で監督を務めたマーヴィン・クレン。彼は、ホラー映画『ベルリン・オブ・ザ・デッド』『パラサイト・クリーチャーズ』でタッグを組んだベンジャミン・ヘスラーと、ステファン・ブロナー(『Tatort(原題)』)と脚本も担うことになっている。


Netflixにおいて『Freud』は、SFドラマシリーズ『ダーク』に続くドイツ語作品となる。『ダーク』は、非英語圏作品の中で最も視聴されたドラマシリーズの一つとなり、シーズン2への更新が決定。作品として面白ければ、言語は大きな障壁にはならないと証明されたようだ。


『Freud』は、現在キャスティングが進行中で、撮影は今秋から開始される予定だという。(海外ドラマNAVI)


Photo:Netflix
© Netflix. All Rights Reserved.

元の記事を読む

「Netflix初のオーストリア産ドラマは、あの偉人をめぐるスリラー!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!